マンション特徴

日本に集合住宅が増え始めたのは、1924年頃だというのをご存じだろうか。前年に起こった関東大震災を受け、復興支援団体である「同潤会」が発足。甚大な被害を受けた東京や横浜の街に、RC造の集合住宅が続々と建てられた。

それから90年以上が経つ現在に至るまで、日本を取り巻く環境は大きく変わった。それに伴いマンションをはじめとする集合住宅も、刻々と変化していったはず。

そこで今回は、恵比寿で売買物件を取り扱う株式会社ハイアーグラウンドの知見理沙さんに協力いただき、1960年代から2010年代までの各年代に建てられたマンションにはどんな特徴があるのかをまとめてみた。

間取りはDKで吹き付け塗装の壁がトレンドに【1960~1970年代】

秀和恵比寿

カラーテレビの本放送開始(1960年)、東京オリンピック開催(1964年)、大阪万博開催(1970年)……など、日本の高度成長期真っただ中だった1960~1970年代。人口も右肩上がりに増え続け、集合住宅のニーズがますます高まっていた時代だ。

また、「マンション」という言葉が日本で生まれたのもこの頃と言われている。

○特徴

・全体的に間取りが小さく、天井が低い。

・LDKという概念がなく、基本的にDK。バルコニーがない物件も多い。

・当時はエレベーターが設置されている居住用物件は少なかったため、低階層の建物がほとんど。

・1960年代後半~1970年頃にかけて、吹き付け塗装の壁が増える。

・1974年に鹿島建設が椎名町アパート(RC造、18階建て)を建設。これがマンションの高層化を初めて実現した建物。以降、高層マンションが増え始める。

「今よりも一家庭の人数が多い世代なので、狭い物件に多人数でひしめき合っているような状態だったと思います。

1960年代後半から吹き付けの壁が増えましたが、有名なのが「秀和レジデンス」シリーズ。漆喰の塗り壁でエントランスが広く、青い屋根瓦を使ったヨーロピアンテイストの建物です。高級感があり、都会の一等地に建つものがほとんどだったので、当時は富裕層の象徴的なマンションだったと言えますね。

秀和エントランス

また、1970年代に作られたマンションは、建物に入ると中が吹き抜けになっているものが多かったです。最近のマンションは、エントランスから入ると廊下が続いているものが多いですが、この頃は部屋に入るまでは屋外にいるような、開放的な造りが主流でした」(知見さん)