TamTamさん

今年1年を振り返ってみると、日経平均株価は1万9000円代を回復し、収益物件市場もおおむね好況。なかには「売却で◯千万円の利益を確定した」なんて景気のいい話も聞こえてくる。

しかしその一方で、苦戦を強いられている大家さんも確実に存在していることを忘れてはならない。年の瀬に「しくじり大家さん」の苦しい胸の内をうかがった。

今回取材に応じてくれたのは、サラリーマン大家のTamTamさん(40代・独身)。

都内の大手メーカーに勤めるTamTamさんの年収は800万円以上、何とも羨ましい高属性の持ち主だ。アパート・マンションを中心に区分、戸建ても含め50室以上の収益物件を所有しており、総投資額は4億円以上にのぼる。

インタビューに応じるTamTamさん。都内の有名企業に勤めるサラリーマンだ

さぞかし順調に規模を拡大してきたのかと思いきや、「いえいえ、実情は火の車ですよ。税金を納めると収支がトントンの状態が数年続いています」とのこと。

一見順調そうに見えるTamTamさんの不動産投資、一体どこに罠が潜んでいたのか? 波乱万丈な投資遍歴を振り返ってもらった。

しくじりエピソードその1:
新築区分マンションで毎月の持ち出しが発生【しくじり度★☆☆】

「不動産投資を始めたきっかけは、2004年に会社にかかってきた一本の電話です。よくある新築マンションの営業で、低金利で融資が受けられることと、月々多少プラス収支ということもあり、物件を見ることもなく購入しました。

その後『ローンを払い終われば、毎月の家賃が年金代わりになる』と勧められた都内の新築区分マンションを、投資目的で2戸購入しています。

当時は営業マンの『多少の持ち出しは積立と思ってください。節税効果もありますから』というセールストークを真に受けましたが、利回りでいうと3〜5%の物件ですから、当然、毎月の収支は赤字です」

購入から10年以上経過しているが、現在の相場で売却しても残債が消えない状態だという。賃貸に出している元自宅は実需向けに売ればトントン程度になるというが「入居者が出ていく気配が無いので、売るに売れないのです」とのこと。

サブリース契約で10年間、一度も家賃保証を下げられたことがないのが唯一の救いだとTamTamさん。