アベノクミス_sakura-Fotolia

写真© sakura-Fotolia

2012年末、アベノミクス・ミニミニバブルが始まり、その後2013年夏、東京オリンピック開催(2020年)が決定しました。

私は2013年9月26日、名古屋駅近中古1棟アパート(鉄骨造り・2階建て・8戸:3600万円)、4日後の9月30日、永福町・方南町駅近中古1棟アパート(鉄骨造り・2階建て・6戸:3980万円)と購入しました。

そして、12月25日、京都駅近中古1棟マンション(鉄骨造り・5階建て・36戸:1億4998万円)を購入しました。

2013年は買付を6件入れましたが、売り手市場で何れも1番手は取れず、2番手以降。個人属性として融資受けの内諾は得ていましたし、融資受け易い物件の情報も得ていましたので、私個人としては、いい物件情報があれば即判断して、早めに決済するべく動きました。結果、3件だけは購入することができたのです。

1棟目:中古1棟アパートを購入した「名古屋」の将来に期待

それまでは、区分所有マンションから1棟アパートに進出し、土地を購入し、1棟アパートを3棟新築していましたが(博多駅傍1棟・名古屋駅傍2棟)、中古1棟アパートを購入するのは初めてでした。中古ですので、割安で購入することができました。

名古屋駅傍は、2005年、中部セントレア空港開港・愛知万博開催の頃から、不動産経営を開始していました。2005年と2010年に、名古屋駅傍にいい土地が出たので、購入、木造アパートを新築しております。

その後も、名古屋駅傍再開発、リニア構想(品川~名古屋間)も出て、又、トヨタも好調で、ますます発展してきています。

この名古屋駅近物件、容積率も少なめにしか使用しておらず、将来建て直せば、倍くらいの大きさにできるというのも、楽しみではあります。名古屋駅傍としては、3棟目になります。

2棟目:便利な都内の中古1棟アパートでは想定外の事態に!?

永福町・方南町駅傍も、京王井の頭線永福町は急行停車駅ですし、京王線・京王井の頭線明大前迄も歩けなくはありません。又、丸ノ内線方南町(始発)から新宿・大手町方面直通構想も出て、ますます便利になりそうです。渋谷・新宿・大手町等へ直通で行けます。

この物件、戸建て用として、実需向けの売却も可能ですので、出口戦略は取り易いと思われます。若干想定外のことと言えば、建物裏側の土地・建物強化に100万円かかったことでしょう。