こんにちは。デザイナーのみなやまくみこです。今回は、知り合いの女性大家さんから相談を受けた事例をご紹介します。

空室が埋まらないということで、悩まれていたこのアパートは首都圏郊外にあり、築古+和室+風呂・トイレで3点ユニットといった、どちらかといえば競争力に欠ける物件です。

近隣には同様の単身向け物件が多く、そういった厳しい状況のなかで、なんとかご自身の物件を差別化させたいという希望をお持ちでした。そこで空室のアクセントクロスと床を変えて、印象を一新させることになりました。

もう一ついえば、家賃の価格帯が低いこともあり、多額のコストはかけられません。そこで、できるところはご自身でセルフリノベーションを行います。

さて、一体どんなお部屋になったのかレポートしたいと思います。

家賃が安い部屋のリノベーションの注意点

この物件は、築年数の経った単身者向けアパート。オーナーチェンジで購入されてから、内装はクロス交換、木部塗装、畳は表替えと最低限手を入れた状態です。

汚くはないけれど古い設備でも使えるものはそのままにしており、ターゲットは女性向けというよりは、どちらかといえば男性向けの方が良いように思えます。

また、近隣には同じような価格帯で同じような間取りの物件が多くあるため、個性がなければ内見にきても入居希望者の印象に残りません。

そこで「デザインリノベーションをしたい」ということになったのですが、ここで注意したいのは、「家賃の安い部屋で、費用をどこまでかけるか」ということです。

今回のように、部屋の魅力を押し上げるようなバリューアップを目的にした工事ではなくて、原状回復のリフォーム(入居者が生活することによって、また時間が経つことによって壊れたり汚くなった部分を新品に交換したり修繕したりするリフォームのこと)をするだけで何カ月もの家賃分の費用となり、大幅な赤字になるような物件もあります。

この物件はまさしくそれに該当する物件で、通常の原状回復コストですら収支を圧迫しているため、バリューアップのリノベーションといえど、そう金額はかけられません。

そこで、費用対効果と労力を考えて、壁は一面のアクセントクロスだけ交換(プロに発注)、床は自分自身で施工することにしました。

どちらかといえばクロスの方が初心者に貼りやすく、床の方が難しいものですが、ご自身で行う理由については後ほど解説させていただきます。