石川さん_yayoicho-Fotolia

写真© yayoicho-Fotolia

みなさん、石川貴康です。昨日、楽待さんの「コラム二スト新年会」に参加いたしました。楽待さんでこのような催しは初めてとのことでしたが、総勢70名を超える方が参加され、大盛会でした。

銀座のパーティー会場で、きれいなところで楽しく過ごさせていただきました。投資家兼コラムニストの方々も素敵な方ばかりでした。また是非、こうした素晴らしい会をお願いします。

初めて会うコラムニストの方々と情報交換をさせていただきましたが、学ぶことが多く、とても有意義でした。私も頑張って投資していきますので、今後ともよろしくお願いします。

さて、最近の投資では、3月に戸建て2棟が決済予定です。金融機関の内諾ももらい、あとは本店の承認のみです。こちらは無事決済したらご報告いたします。

それから、北海道の不動産会社さんでセミナー講師を仰せつかり、毎月2回くらい講師をしています。そのうち月の1回は東京、もう1回は札幌といった感じです。

せっかくの札幌なので、物件を見てまわっています。条件が合えば買い付けを入れる予定です。こちらもご報告しますね。私は札幌に住んだことがあり、土地勘もあるため、積極的に買うつもりです。

ということですが、最近気になるニュースが2つ飛び込んできました。1つは長期金利の急上昇、もう1つは預金金利0%です。この2つのニュースに触れつつ、今回は新築戸建てを8戸ほど買ってほぼ1年が過ぎたので、結果のご報告をします。

実はこの物件はオーバーローンで買ったのです。結果がどうだったかとあわせて、ローンの影響と対策をお伝えします。そして、今後の金利動向を見て、何をどう対処すべきか考察したいと思います。

金利上昇のニュースと日銀の対応

2017年2月10日の東洋経済オンラインで、「日銀がうろたえた長期金利の不気味な急上昇」という記事が投じられました。内容に関しては賛否もあると思いますし、題名が煽り気味なのも気にはなりますが、まあ、そこはさておき。

最近の金利上昇の散発的な事象は年末にも起きています。(日経新聞の記事「長期金利『0.100%』巡り攻防激しく 市場と日銀」より)

この時は国債の買いオペせずに金利は低下したようです。でも、2月は買いに入ったのですね。日銀は断固たる措置をとったといったところでしょうか。

実際、日銀は今も大量の国債の購入とETF(上場投資信託)の購入を行っています。量的緩和を行い、金融ファイナンスで日本経済を下支えしているところです。こうしたコントロールの動きでなんとか日本の金利は安定的に推移してきています。

しかし、世界的な金利上昇圧力はありますし、現在ヨーロッパはじめ各国の国債に対する信用も弱まってきています。ドイッチェバンクの危機も取りざたされましたね。トランプ大統領の登場で、金利上昇の圧力も増しています。大きな金額を借りている我々のような大家は、金利動向は気にしておかないといけないですね。

私の受けている融資の大半は固定金利ですが、直近の融資の申し込みは変動金利にしてしまいました。これは、審査が通りやすいとのことで承諾したのですが、もし金利上昇が散発的に起きるようなら、見直しも必要かもしれませんね。

それ以外の多くは固定ですし、3年ごとの見直しでは常に固定を選択しています。最近もそうしました。金利が急上昇したとしても、ローン金利にはそれなりの緩和措置はありますが、いったん高騰し始めて、コントロール外になった際には危ないので、予兆の段階で固定に切り替える必要も出ないともいえませんね

ま、不安になる必要はありませんが、リスクが高くなってきていますので、金利は注視していきましょう。