写真© denebola_h-Fotolia

こんにちは! 不器用主婦でも夫に頼らず月50万円の家賃収入! 主婦大家なっちーこと舛添菜穂子です。

今日は1戸目に購入した大阪府吹田市の戸建てについて、インターネットで見つけてから購入に至るまでを思い起こし書いていきたいと思います。やっぱり1戸目を購入したときの思いは特別です。これから物件を購入される方に、ご参考になれば幸いです。

1戸目の物件との出会いから問合せまで

結婚を機に住み慣れた関西から関東へ引っ越した私は、土地勘のないまま都内の物件を見つけては内見しておりました。しかしやっぱり都内は高くて、500万円以下なんて物件はありませんでした

今思えば、前回の記事にも書いた「目黒駅徒歩8分・25平米・バストイレ別・フルリノベ済み・980万円(最終価格880万円まで値下がりました)」はお買い得だったと分かりますが、超初心者の私が1戸目に1000万円近い物件を買うなんてハードルが高過ぎました

その点大阪には安い物件がゴロゴロしております。結局は売主さんの都合で買えませんでしたが、最近大阪で購入が決まっていた物件は、借地ですが地代8000円/月で名義変更料なし、物件価格は70万円でした。賃料5万円くらいは取れると思うので、リフォームに100万円かかったとしても実質利回りは30%(あー、欲しかったな)。とまあ、こんな感じで、交渉を頑張れば超高利回り物件を手にしやすいのが大阪です。

1戸目の大阪府吹田市の物件はインターネットで見つけました。見つけた時の価格は500万円。吹田駅から徒歩5分程度、62平米の戸建てが500万円です。私の実家は最寄り駅からバスで10分、バス停からも5分に加えて、坂の上にあるので車がないと不便な場所。もし雪が降ったら坂を下りるだけでも一苦労。独身OL時代、出勤するために最寄り駅まで歩いたのですが駅まで2時間かかりました。そんな経験から、私は駅近に憧れていました。

不動産投資ブームの今、このやり方はあまりお勧めしませんが、私はその物件を見つけてからすぐに問い合わせはしませんでした。お気に入りに登録し、しばらく放置していたのです。問い合わせしてもすぐには見に行けないので、また大阪に行くついでができた時でいいか。と、のんびり構えておりました。

そんなある日、親戚に不幸があって急遽大阪に帰ることになりました。小さい頃からとっても可愛がってくれていた叔父の死。物件のことは忘れていましたが、お葬式も終わって落ち着いた頃、お気に入りに登録していた吹田の物件のことを思い出しました。

せっかく大阪に居るんだから見に行ってみよう。関東に帰るその日に父(のちに自分も大家さんになる、86万円戸建てオーナーの父ヒロシ)に打ち明けました。

私「お父さん、帰る前にちょっと寄ってほしいところがあるんやけど」

父ヒロシ「なんやねん」

私「実は、いずれ大阪に帰ってきたいと思ってて、たまたま良さそうな物件を見つけたんやけど、一緒に見に行ってくれへんかなあ?」

父「ええよ」

このとき父が何を思っていたかはわかりませんが、嫁いだ娘がいきなり帰って来ると言いだしたにもかかわらず、すんなりOKしてくれました。

そこからやっと業者さんに問い合わせをしたのですが、あいにく今日の今日では物件を見ることができず、その日は外観だけ見て帰ることにしました。築35年と古い物件ではありましたが外壁の一部が煉瓦で施されており、私にはとても素敵な物件に映りました。

032717_1218_1

大阪府吹田市の物件

仲介業者さん曰く、「最初は強気の1000万円で出していたもののなかなか買い手が見つからず、どんどん下がって500万円まで来たのですが、今だったら400万円まで交渉できると思いますよ」とのことでした。あのときすぐに問い合わせせずに放置していたのは良かったと思いました。