「不動産投資を始めよう」と思い立った際、まずは客付けがしやすく、空室リスクが低い、都市部の不動産購入を検討する方が少なくはない。しかし、都市部の場合は不動産価格が高い傾向にある。 初期投資を抑えたい方、手持ちの現金で物件を一括購入したい方などにとって、都市部の不動産は敷居が高く感じるだろう。

そこで、小資金から不動産投資を始める手段として、「地方の不動産を格安で買って魅力的な部屋に整えて貸し出す」という投資法はいかがだろうか? 

今回は、山梨や長野を中心に10件の格安物件を買い進め、自身でインテリアコーディネートやDIY中心のメンテナンスを行っている、不動産投資家で不動産投資評論家の不動たたみさんに、その流儀について伺った。 

50万、70万、100万円など、格安物件ばかりを狙って購入 

不動さんのトレードマークといえば、やはり帽子である。「不動産業を広く手がけるアパホテル元谷芙美子社長の被るゴージャスな帽子と、さかなクンのキャッチーで一目で職業が理解されやすい帽子アイコンという、2つの要素を足して2で割ったイメージで、『お家の形の帽子』を手作りした」と語る。 

「不動産投資初心者でも親しみやすいキャラクターがいないと思い、世間一般の方に不動産投資にもっと興味を持ってもらい、不動産相場全体が活性化することを目標に、このような目立つ帽子を被って活動しています」

不動さんが初めて不動産を購入したのは、今から5年前の2012年のこと。山梨にある甲府駅徒歩7分のワンルームマンションを120万円で手に入れた。 

不動産投資を始める前にも、FXや株式などの投資経験を積んでいた。しかし、急速な市場の変化についていけず、何度か大損してしまったのを機に考えが変わる。 

「もっと市況が安定していて、変化が緩やかで、それなりに利回りもあって、初期投資も少なく済む分野の投資はないかなと考えた結果、格安の不動産に絞って投資を始めることにしたんです」 

そう思い立ってからは、不動産投資関連の書籍やWeb上のコラムなどから、不動産投資家として欠かせない情報を一通り取り入れ、2014年には宅建士資格も取得し、資格取得後も、所有物件を増やし続けている。 

「不動産投資を行うなかで、自分がコントロールできるマーケットで投資することの安心感を得ました。FXや株式市場はインサイダー取引が規制されており、ライバルに先んじて独自の情報を得ることが難しい。 

でも不動産なら、たとえばAという180戸ある分譲マンションについて、『誰よりも詳しくなった』と自負できるくらい、できる限りのリサーチをすれば、その時点ですでに自分よりも情報を持っている人は限られます。 

言ってみれば、不動産業界では努力次第で簡単に、しかも小資金で、FXや株式市場のインサイダーと同じ立場になれるんです」 

そう語る不動さんが不動産投資家となって5年目を迎える現在(2017年1月時点)、所有物件は以下10件となる。 

購入年  エリア  種類  購入価格  
 2012年 山梨県  1Rマンション  120万円
 2013年 山梨県  1LDKマンション  400万円
 2013年 京都府  2LDKマンション  280万円
 2014年 山梨県  1LDKマンション  350万円
 2014年 山梨県  1Rマンション  100万円
 2014年 長野県  1Rマンション  50万円
 2015年 山梨県  1LDKマンション  450万円
 2015年 長野県  1Rマンション  70万円
 2016年 長野県  1DKマンション  180万円
 2016年 山梨県  4階建て一棟マンション 2800万円

次のページ「実質利回り20%」をどう作り上げている?