中央大学の「看板」である法学部が、2022年までに文京区の後楽園キャンパスへ移転することが決まった。中央大学といえば、1978年に文系学部を千代田区から八王子の多摩キャンパスへ移転させた「郊外移転型大学」の象徴的存在だったが、再び都心へ戻ることになる。少子化の進行で生き残りをかけた大学間競争が激しさを増し、都心回帰傾向が強まっている昨今。学生入居者を見込んだ不動産投資のリスクが高まる中で、学生向けアパートやワンルームマンションのエリア選びで重要なことは何なのか。現状を探りながら考える。 

学生向け賃貸は「淘汰の時代」 

「八王子市や隣接する日野市では、大学生を当てこんだアパートやワンルームマンションの空室が目立ってきています。空室率は35%に達したとも言われるほどです」 

八王子にある不動産会社の担当者はそう語る。1970年代から始まった大学の郊外移転ブームの流れの中で、大学側の要請もあり、八王子には多くの学生向けアパートやワンルームマンションが建設された。そのころに建てられた古い物件は老朽化で競争力が低下し、家賃下落が進んでいるという。 

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む