写真© godfather-Fotolia

近年、孤独死が深刻な社会問題となっている。ひとりで暮らす高齢者の増加や、地域内のコミュニケーションの希薄さなど、問題が簡単に解決できない点も大きなポイントだ。さらに亡くなってから遺体が発見されるまでに長期間かかるケースも増えており、賃貸だった場合は事故物件となる可能性もある(※)。マンションなどを経営するオーナーにとっても、けして他人事ではないのだ。

しかし人は必ず誰もが死ぬ。高齢化が進む社会で、孤独死をリスクと考えていただけでは、未来はないのではないだろうか。今回は不幸にも孤独死を体験してしまったご遺族やオーナー、そして特殊清掃業者の声を聞き、現場でどんなことが起こっているかを検証する。さらに自治体や保証会社を通して、オーナーが取れる対策についても紹介をしていきたい。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む