出典:イオン三世の気になるニュース

一口に不動産投資と言っても、区分所有でのマンション投資や一棟買い、中古物件のリノベーションなど、そのスタイルはさまざま。今回は、一般的には「投資に向かないので避けるべき」とされている、築古や再建築不可物件ばかりを所有する不動産投資家、イオン三世さんに話を聞いた。

格安で物件購入、利回りは驚異の64%

「数年前、『俺、不動産持ってるんだ』って言えたらカッコいいなと思ったのが、不動産投資を始めたきっかけです(笑)。資金100万円しかなかった自分が買える物件を探していったら、横須賀の築40年の平屋2LDKを見つけました」

築古の長屋で壁を隣と共有しており、再建築は不可。「雨どいが壊れていたり、壁紙のクロスがはがれていたりしたんですが、水回りと電気系統はしっかりしていました。価格200万円のところ50万円で買い付けを入れたら、65万円で購入できたんです」

戦略的に築古を探したというより、自分が始められる範囲で不動産投資家を目指したところ、結果的に現在の物件にたどり着いたのだった。

物件は囲繞地に囲まれた土地(袋地)にあり公道に面しておらず、建て直しができないもの。修繕をし続けるしかないのだ。

もちろん、経費節約のため雨どいの修理やクロスの張り替えなどは、自分で行ったという。

現在も家賃3万5000円で貸し出せているので、表面利回りは約64%ですね。もう3年ほど持っているので、十分に元は取れちゃいました。建て替えるだけの費用対効果を見込めないので、不具合が出たら都度修繕をして貸し出していきたいと思っています」

正直に伝えること

驚異の利回りをたたき出しているが、値引き交渉のコツなどはあるのだろうか。

「物件の管理会社さんに『資金はそれほど用意できないけど物件はほしい!』と元気よく堂々と伝えることでしょうか(笑)。正直、不動産屋としては、物件の金額によって得られる手数料収入が変わるため、あまり少額の物件は扱いたくないはず。だから、自分が面倒な大家さんにならないようにして、管理などは一括してお願いしています。『入居さえ決まれば、こちらの(大家の)顔色を伺ってくれなくていいから』というスタンスですね」

次のページフリーターでも大家になれる