写真© tatsushi-Fotolia

同じ東京都内の1LDKでも、エリアによって家賃が違うというのは周知の事実。では、具体的にいくらくらい家賃が違うのか。それぞれの家賃と売買価格を比較して収益性について考察するべく、まずは山手沿線で1LDKの賃料を比較してみよう。

山の手沿線の1LDK賃料の比較

同じLDKでも平米数は様々で、中には200㎡の1LDKもある。そこで今回は、比較しやすいように山手線駅から徒歩10分圏内で築10年以内、45㎡から60㎡の1LDKで検索してみた。※2017年1月、賃貸物件のポータルサイト・SUUMOで検索した結果

○高値ベスト3

 

駅名

築年数

階数

平米数

賃料

平米単価

第1位

東京駅

4年

18階

57.51㎡

60.0万円

1万433円/㎡

第2位

渋谷駅

7年

16階

59.88㎡

43.8万円

7315円/㎡

第3位

品川駅

8年

12階

50.84㎡

37.2万円

7317円/㎡

○安値ベスト3 

 

駅名

築年数

階数

平米数

賃料

平米単価

第1位

大塚駅

10年

1階

46.76㎡

10.6万円

2267円/㎡

第2位

鶯谷駅

8年

1階

49.02㎡

12.2万円

2489円/㎡

第3位

田端駅

9年

1階

46.51㎡

12.6万円

2709円/㎡

東京駅から徒歩10分圏内は物件数が少ないこともあってか、賃料の平米単価が突出して高額だ。最安値の大塚の物件と比べて4.6倍、平均で約3倍と同じ山手沿線でも大きな開きがある。

また、高値物件が10階以上なのに対して安値物件はどれも1階と、階数が賃料に与える影響が大きいことがうかがえる。

ベスト3以外でも、田端と鶯谷で駅から徒歩10分圏内に50平米クラスで12~13万円台の安値物件が目立つ。その他に意外なのが上野駅で、ターミナル駅であるのにも関わらず賃料が安い傾向があった。

次のページ売買価格にはどれ程の差が出る?