写真© aijiro-Fotolia

昨年、札幌駅から比較的近い物件(土地約600坪に建つSRC造)を、妻との共同債務で購入することとなりました。相続絡みか、売り急ぎの未公開情報、売却希望価格は2億円です。

私はある金融機関から3億円迄の融資の内諾を得ていたため、この物件についても相談しました。すると「積算評価が2億4000万円は軽くいくので、2億円でも割安。融資は2億3000万円は大丈夫」との高評価! 買う気満々でいたのですが……なんとドタキャンされてしまったのです。

購入の手続きはスムーズに進んだが……

この物件は、リフォームしていない空室が36室中10室程度あったため、1億8400万円まで値引きして頂きました。

もともと割安価格ということで問題なく融資の内諾を得ていましたが、その後、正式承認。金融機関から「時間が無いので、お抱えのコンサルタント会社を入れて欲しい(売買価格の1%)」と要望はあったものの、無事に金銭消費貸借契約を締結しました。

当該金融機関お抱えの損害保険会社も同席し、損害保険契約締結。当該金融機関お抱えの司法書士法人も同席し、所有権移転・根抵当権設定委任。通常はこれで一安心。後は、融資実行・決済、所有権移転を待つのみでした。

その後、何の問題も無く、融資不承認による白紙解約期限が過ぎました。

……が、融資実行・決済の1営業日前の昼になって、特段の理由も無く融資ドタキャンです!!

当該金融機関の副社長がへそを曲げたとか、正当な理由もありません。融資金額を減らしてでも、別件の共同担保をつけてでも、なんとかしてと言っても駄目とのこと。

次のページ手付金不返還だけでなく、違約金・仲介手数料まで要求!?