時代と共に変化する超高利回り投資を実践する関西の雄、小嶌大介さん。グラフィックデザイナーでありながら、プロのキックボクサー、街金の取り立て屋、道行く人に有料で殴られる「どつかれ屋」の経験など珍しい経歴を持ち、どれだけ働いても手取りは25万円、毎日深夜までの激務が続くサラリーマンデザイナー時代に「なんとか社畜を脱出したい!!」とFXに挑戦して大失敗。

その後、一念発起して不動産投資を開始。ボロボロの廃屋をオシャレに再生するスタイルで、たった2年でサラリーマンを卒業! 現在はLINEで仕組み化した若者向けのシェアハウスで超高利回り投資を実現している。そのノウハウを紹介する!

50万円+借りた100万円を元手に不動産投資を開始!

小嶌さんが不動産投資をはじめたのは、今から7年前の2010年のこと。当時は広告制作事務所に勤めており、グラフィックデザイナーをしていたそうだ。クリエイティブな仕事とはいえ、給与体系は普通のサラリーマンと同様で、残業代も出ない中、毎日深夜まで就労していたという。

「広告制作という仕事はやりがいがあるけれど、家族との時間や趣味など、自分の生活を顧みずがんばり続けることに違和感がありました。そんなときに自宅を購入、数十年にわたって支払い続けなければいけない住宅ローン、子供の教育費や将来のことを考えると絶望的な気持ちになり、給与収入以外に収入の柱を持ちたいと思ったのです」

そうして、小嶌さんはコツコツ貯めたお小遣いでFXからアフィリエイトと、投資や副業にチャレンジするが、なかなかうまくいかない中、不動産投資に出会った。

なけなしの30万円をFXで一瞬で失ったこともあります。様々な道を模索する中で、加藤ひろゆきさんの書籍などを読みました。当時、自己資金は50万円しかなく、父と嫁に50万円ずつ借りて計150万円で何とか物件を買わなくてはいけませんでした。そうして行きついたのは、ボロボロで今にも崩れそうな廃屋物件でした」

小嶌さんの住む大阪は、狭小のテラスハウス(連棟長屋)が多くあり、建て直しも難しいことから、ありえないくらいの安値で売られていることもある。

「安い物件にはそれなりに理由があります。僕が購入した物件もとてもそのまま住めるようなものではありません。そこで、父に協力をお願いしてDIYで物件を再生しました。時間も労力もかかりましたが、すぐに入居者がついて家賃収入が得ることができました」

1号物件は物件価格が90万円で、諸費用として10万円程度。残金の50万円でリフォームを行ったところ、家賃5万9000円で貸すことができて、利回り40%を達成! それ以来、廃屋同然の物件をリーズナブルに再生することで高利回り物件を次々と作り出していくようになった。

「3号物件は小規模ですが、アパートを購入して、それからは戸建てばかりでなく、集合住宅を購入するようになります。また、売却と購入を組み合わせることで、手元の現金を増やしていきました。

合わせて共同担保を作ることで、融資によるレバレッジをかけることができるので、投資スピードを加速させることができました。そうして、不動産投資をはじめて2年でサラリーマンを辞めて独立することにしたのです」

そうやって規模の拡大を進めて、いつしかキャッシュフローは2000万円を超えるようになっていたそうだ。

次のページ管理に苦労しながらも、利回り100%を達成!?