「ベイマックス」のゴーゴー役や「Go! プリンセスプリキュア」キュアマーメイド役などの声を担当する人気声優・浅野真澄さん。その他にも童話作家や作詞家、歌手などといった幅広い分野で仕事をこなす多彩な才能の持ち主だ。

そんな彼女のもう一つの顔が投資家。はじめはお金について全く無知だったという浅野さんだが、今では株式投資で順調に利益を出しているそうだ。今回はそんな彼女に、投資を始めたきっかけや浅野さんならではのノウハウについてお話をうかがった。

お金についていろいろ勉強したかった

——浅野さんが投資をはじめたきっかけは、ラジオ番組「浅野真澄×山田真哉の週間マネーランド」だそうですね。

「はい。実はこの番組は、私の希望から始めたものなんです。ラジオ局で新しい番組の企画案について話し合っていたとき、お金に関する番組をやりたいなぁって関係者の方に伝えたら、話がトントン拍子に進みまして。それで、顧問税理士の山田さん(※)を巻き込んで2年前に番組をスタートすることになりました」 

※山田真哉さん:公認会計士、税理士。150万部を突破した『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』の著者でもある。

——以前からお金に関心があったのでしょうか?

「はい。子供の頃、実家が極貧でして(笑)。当時は、いろいろとお金のことで悩まされました。やっぱりお金に関する知識がないと何かあったときに自分を守れないんだな、と感じたことが、お金に興味を持ったきっかけですね。

世間では、お金に関する話題=恥ずかしいこと、みたいなネガティブな印象があると思いますが、しっかりと学ぶべきことだと私は思うんです。そんなお金について、視聴者の方に楽しく伝えられたらいいなぁと思って提案しました」

自腹で1000万円投資し、300万円の利益!

——どのように投資をスタートさせたのか、教えてください。

「番組のスタート当初は、私が山田さんからお金の基礎について学ぶ形式でした。あの頃は、キャッシュカードとクレジットカードの違いもわからなくって…。そして、ある程度の知識が備わってから、株式投資を始めることになりました

——投資額はどれくらいだったのでしょうか?

はじめは100万円でした。でも、やっていくうちにどんどん楽しくなってきて1000万円投資することにしました。株って基本的に100株ずつしか買えないので、100万だと一株の価格が1万円を超える銘柄は購入できないんですよ」

——この1000万円は自腹でしょうか?

「自腹ですね(笑)。だってその方がリスナーの方も面白いじゃないですか! 私自身も身銭を切っているぶん、勉強しようって気合が入りますし。それに、自分からお金の番組をやりたいと言った手前、私だけが安全なところにいるのはどうかと思いまして、やるならしっかりやろうと」

——すごい覚悟ですね! はじめての株式投資、結果はどうでしたか?

3、4カ月で300万円分の利益を出すことができました。当時、マザーズのバイオ関連株を持っていたのですが、それが上手く上がったんです」

次のページインカムよりキャピタルを狙う理由