写真© watoson-Fotolia

みなさん、石川貴康です。最近住民税の納付書が来ました。驚愕の納税額…(笑)。重税国家の日本ですが、粛々と投資をしていきましょう。

さて、私事。まず、北海道への投資検討ですが、なかなか買えません。原因は、いろいろあります。例えば、居住者じゃないと融資が難しい、ということ。これには、北海道に支店のある銀行を使う、現地で法人設立するなどの方法があるので切り抜けられます。やる気満々ですが、実は私が投資できる基準の物件が見つけられていないので、足踏みです。

それから、ひまなので投資コミュニティを作ろうと思います。まず、実家の水戸で小さく始めます。それがうまく回れば東京でも作ろうと思います。会の名前は「フィナンシェの会」。フィナンシェはフランス語でファイナンスのこと、フィナンシェは金の延べ棒なのですよ。フィナンシェを食べながら、投資話に花を咲かせ、投資していきます。紹介制の小さなコミュニティとしてスタートしますが、そのうち世界を動かす投資グループにしていきますよ(笑)。

さて、おそるべき住民税の納付書を受け取ったわけですが、この時期は固定資産税の納付書も来て、不動産投資家にとっては嫌な時期です。そういえば、法人税、消費税の中間納税も来ましたね。

しかし、税額が大きいということは、それだけ資産があり、利益があるということですから、と自分を慰めています。まあ、キャッシュが枯渇しないようにうまく運用できている限りは悪いことではないのですし。

不動産投資はここに来てブームっぽくなっていますね。しかし、ちょっと不穏なニュースも流れています。実際、知っている人がいきなり不動産を立て続けに買い、厳しい状況に追い込まれています。実は、ある意味不動産を買うのは誰でもできるのですね。そう思います。

一方で、お金の流れを理解しないと、あっという間にキャッシュ不足に陥って破たんします。今回はこの辺の注意事項を書いていきたいと思います。

借りられるだけ借りて、返済ぎりぎりの状況は破たんの瀬戸際

最近ある知人が、投資して「ウハウハ」になるかと思ったら、全く逆で困っているという話を聞きました。物件概要、借入先と金利、借入額、手残り等を聞いたのですが、返済ぎりぎりでかなり厳しい状況。

この方、一部上場企業にお勤めで給料は悪くないはずなのですが、貯金ができません。一発逆転を狙って、はやりの不動産投資に飛びついたようです。短期間に、ある地域の高利回り・格安物件を立て続けに購入しています。いわゆる、築古・ボロ物件投資です。

融資額はさほど大きくないのですが、地方の築古ですから、融資してくれる金融機関は限られます。さらに高金利です。私が借りている金利より2~4%以上高い状況です。

また、物件のリフォームにお金がかかったり、地域柄広告料をたくさん要求されたり、敷金・礼金が取れなかったりと、さほどキャッシュが残りません。その上、火災保険、不動産取得税、固定資産税、所得税・住民税ですから、かえって持ち出しです。

不動産投資で「ウハウハ」になろうとしたら、かえってお金を持っていかれる始末。手金を吸い取られ、いつまで続けられるのか疑問です。撤退するにも地方・築古物件ですから、次に買い手が見つかるのか、買い手は融資がつけられるのか、などを考えると出口が不透明です。キャピタルゲインが狙えるのか、損切り売却になるのか、なんともはや。

聞いていて、なぜこんなに急拡大したのか不思議なものだと思いました。大金を動かすのに、あまりに投資リテラシーが低い。素人が一攫千金を狙って大量参入する今は、「バブル」なのかもしれませんね。相続税対策アパートを含めて。

次のページ利回り14%のRCでも「資金繰りが危ない」と実感