写真© ookinate23-Fotolia

自宅はもちろん、収益物件を購入するときにかかる費用の一つに、火災保険などの保険料がある。昨今では甚大な台風や大地震など、さまざまな災害に備えてほぼすべてのオーナーが加入しているであろう損害保険だが、自分の物件にかけている保険がどのような内容の保険なのか、きちんと確認しているオーナーは意外と少ない。

そのため、保険内容を見直すことで、いざというときに最大限のメリットを得つつ、保険料を抑えることができるかもしれない。実際に、不要な補償内容を削って3割も保険料を安くすることができたり、保険料率を見直すことで、保険料が半額になったりしたケースもあった。

保険に入っていたために助かったというオーナーに保険の有用性を取材したほか、自身も不動産投資家であり、大家さんを専門とした保険コーディネーターに「損をしない保険の入り方」を聞いた。

入居者のボヤで保険金41万円

実際に、オーナーはどのような被害に遭遇しているのだろうか。

「火災保険をしっかりかけておいて本当によかったです」と語るのは、東北地方に1棟マンションや区分マンション、合わせて82戸を所有するAさん。今年に入って所有する区分マンションの1室で、ボヤが発生した。原因は入居者のタバコの不始末だった。

部屋中に充満した煙に気づいた近隣住民がマンションの管理人に通報し、管理人が消火器で鎮火。出勤していた入居者に怪我はなく、また近隣への被害もなかったという。「床の下地が焦げていたため、絨毯敷きだった床も張り替えとなりました。修繕の見積は約30万円です」

ボヤで焦げた床

Aさんは年間の保険料が約3万円の火災保険に加入していた。火事の後、その保険会社に連絡したところ、無事に保険金が支払われた。

「損害保険金として、約30万円が支払われました。それに加えて諸費用を賄う臨時の保険金として約9万円、残存物の扱いに関する保険金として約2万円が上乗せされていました。なので、合計約41万円が支払われたのです」

実際には修繕のために30万円ほどかかっただけなので、10万円はそのまま手元に残ったという。修繕には2、3日かかったが、火事の原因が入居者の過失だったため、その間のホテル代は入居者の自腹だった。

Aさんは「保険で満額以上のお金が出なければ、満足な修繕が出来ないことにもなりかねません。十分すぎるくらいの保険に入るべきだと思います。経費の削減は保険以外でやるべきだと確信しています。事故の時に泣きを見るのはオーナー自身ですから」と力強く語った。

50万円の支払いでもリターンは500万円

東海地方に多数の物件を持つBさんは、数年前、所有するRCマンションと隣の建物との間にあったフェンスの柱が台風によって折れた。加入していたのは年間14万円の損害保険。40メートル以上の長さがある古いフェンスの修繕は再調達価格で100万円以上の見積りとなった。保険会社に請求したところ被害損害金が満額下り、事故時の諸費用を賄う保険金を含めて約170万円が支払われたという。

「でも、実際に修繕をしてもらったらネジで止めただけで1万円弱しかかからなかったんです。しっかりと保険を選んでいてよかったなと思いました。私がこの保険を選んだのは、アパートオーナー向けに特約などが充実していると思ったからです」

極端なケースだが、適切に見積をとって請求した後で、予想以上に工事が安く済むことも実際には多い。こうしたことも念頭に、保険をうまく活用している大家さんは多数存在する。

実は、この物件では他にもポンプの故障や水漏れなどが何度も発生したという。そうした故障でも保険が適用される特約を付帯していたBさんは、たびたび保険を請求した。「4年間ほどこの物件を所有していましたが、総額で500万円以上保険金を受け取ったと思います。年間14万円ですから、支払ったのは4年で56万円。支払った保険料と比べて、十分すぎるくらいです」と話す。

Bさんもまた、「何かあった時のための保険ですから、ケチるところではないと思います」と断言する。「何かあった時には、まず精神的なダメージが来ますよね。そして、金銭的なダメージが来ます。泣きっ面にハチです。そうなった時にきちんと保険金が支払われなかったら…。そう考えれば、ダメージを受けないためにできるだけマックスに近い形で保険に入るほうがいいです」

次のページ損をしないためにオススメの特約は?