写真© samiramay-Fotolia

みなさん、こんにちは。堀之内名人です。ようやく新しい物件について話せるようになりました。でも、大人の事情で詳しく話せません。不動産投資コラムなのに物件の詳細が非公開。物件のイラストもNGです。

今まで好き勝手に書いていましたが、これ以上、堀之内名人を野放しにしてはいけないと感じた銀行や不動産会社から書いて良いことと悪いことのアドバイスを受けながらコラムを書くという前代未聞の展開に(笑)。

というか、「(笑)」とか書いてる場合じゃないんです(笑)。

私が物件の購入を検討するときは「全室退去になっても給与で支払えるローンが組めるかどうか」という最悪の事態を想定します。なので自分自身のことを「石橋を叩いても渡らないほどの慎重派」だと思っていましたが、石橋を叩いて壊して渡れなくなってしまいました…。

日本語って難しい!

コラムの冒頭で「最悪の事態」や「笑」を繰り返して読みづらくありませんでしたか? 日本語って難しいですよね? では、不動産投資家が使ってはいけない日本語講座の始まりです。

「入居されている方が退去したら自宅として利用するので、住宅ローンを組ませてもらえませんか?」

学校の先生のように「リピートアフターミー」と言いたいところですが、これから収益物件を購入される方は、この悪魔の呪文を唱えてはいけません

胃が痛くなったり、夜中に何度も目が覚めるようになりますよ!

この呪文は当事者に都合よく解釈できてしまうという魔法がかけられています。

堀之内名人の解釈「賃貸中の一戸建を購入したいのですが、築30年以上経過しているので、事業用ローンだと月々の返済が厳しいと思います。住宅ローンのような長期のローンが組めれば月々の返済が楽なんですが」

銀行の解釈「たとえ賃貸中でも入居者の退去が決まっていて、そこに堀之内名人が居住するなら住宅ローンを組むのに何の問題もないので融資しましょう!」

不動産会社の解釈「収益物件を住宅ローンで? こいつら無茶するな~」

次のページ銀行との解釈に相違があるまま話が進み……