写真© hamazou-Fotolia

不動産投資を行う際の手法はさまざまだが、そのうちの一つに「競売」での物件購入がある。

競売物件は市場価格より安くなる傾向にあり、中には「相場が900万円の戸建てを約360万円で落札した」ケースや、「土地値だけで1200万円の戸建てを、540万円で落札した」事例もある。安く手に入れられるため、利回りも20%を超えるケースが多い。

一方、競売というその特殊性から、物件を手放すように脅迫電話を受けたオーナーがいるなどのトラブルも。競売という投資手法について、6人のオーナーにメリット・デメリットを取材した。

相場より安く…利回り20%超

兵庫県に競売で落札した2つの物件を所有するIさんは、競売のメリットを「安く購入できることです」と語る。1つは1Rの区分マンションで、落札価格は約330万円。相場は約500万円のため、相場の7割程度の価格で購入できた。現在は5万3000円で貸しており、利回りは約20%となる計算だ。

もう1つは築20年の戸建てで、こちらは相場が約900万円のところを約360万円で落札できた。ただ、この戸建ての購入には少し勇気がいったと話すIさん。

「延床面積が約90平米あり、『仮に中の状態がダメだったら、リフォーム費はいくらかかるのかな…』ということに悩みました。競売で入札を入れる際には、リフォーム費まで込みで考えて、それを織り込んでも失敗しない額を入札しないといけません」

案の定、「中が結構傷んでました」というIさん。クロスや床のクッションフロアを全て貼り替え。畳も交換し、お風呂の浴槽、キッチンなども入れ替えた。リフォームには150万円程度かかったという。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む