2008年の「キングオブコント2008」で見事優勝を果たしたお笑いコンビ・バッファロー吾郎。そのボケ担当・竹若元博さんの自宅がスゴいと話題になっている。そのオシャレさも目を見張るが、自宅のほぼ全てをDIYしたというから驚きだ。

今回は竹若さんにご自宅の写真を見せていただきつつ、DIYの秘訣や、どれくらいの費用を削減できたのか、また自分がオーナーとして物件を持つならどんな物件が良いのか聞いてみた。

DIYで約500万円分の節約に! その分理想の家に近づけることができました

——ご自宅を建てられたきっかけを教えてください。

「以前は都内で家を借りていたのですが、子どもが家の前で遊べるスペースがなく、奥さんが友達を呼んでお茶をしたりするのが難しかったんです。それで、自分たちの物件を持つのはどうなんだろう、って奥さんと考え始めたのがきっかけですね」

——はじめからDIYするつもりだったのでしょうか?

「最初は普通に一戸建てを購入するつもりでした。理想の条件を決めて、都内で物件を探していたのですが、まわりの環境や家の中の設備について、なかなかイメージと予算が合わなかったんです。それで都内をあきらめ、郊外を探してみることにしました。僕は車やバイクの移動が好きなんで、栃木でも神奈川でもどこでも良いよって(笑)。

そうしているうちに、以前TVで観た「街全体をあげて子どもを守ろう」という取り組みをしている土地のことを思い出しまして。実際に街を見に出掛けてから、そこに住むことを決めました。

土地は決まったので、今度は家についてハウスメーカーさんと話を重ねたのですが、やはり当初考えていたよりも予算がかかってしまうことが分かりまして。それなら、自分でできるところは自分で作ろうと思ったんです。そういったことを応援してくれる業者さんを紹介いただき、条件を伝えて、理想がほぼ叶うとわかった時点で話を進めました」

——実際に家が完成するまでどれくらいかかりましたか?

自分で作業したのは5カ月半くらいです。まずはこの期間で、居住空間である家の内部を仕上げるようにしました。住んでからもウッドデッキや外壁など色々と手を加えています」

外観の様子

——実際にDIYすることで、どの程度予算が下げられたのか教えてください。

「基本的には、自分たちの予算を下げるのではなく、その枠内でいかに多くの理想を盛り込めるかを検討していったので、いくら下げられたという明確な数字はありません。でも、DIYをすることでプラス500万円くらいの内容を盛り込めたと思います!」

次のページこだわりはズバリ、タイルの貼り方・木のはめ込み方