厚生労働省の2016年賃金構造基本統計調査によると、フルタイムで働く女性の平均賃金は月額24万4600円。3年連続で過去最高を更新したものの、男性の33万5200円と比較すると73%にとどまり、男女の賃金格差はいまだに大きい。

結婚や出産、介護による働き方の変化や年金不安などから、多くの女性が資産運用や投資に関心を持つ時代。新たな収入の「柱」として、不動産投資に興味を寄せる女性も多く、収益物件のマッチングサイト「楽待」では主婦の登録数が今年7月末時点で1993人と、2012年に比べて8倍以上に増加している。

「無理せず空いた時間を活用して収入の足しにしたい」「子供の教育資金や老後の生活費に充てたい」「規模を拡大して早期リタイアしたい」―。女性たちはそれぞれの目的、それぞれの方法で、日夜オーナー業に奮闘している。

「27歳までに1000万円貯める」

「父が図面を見ながら不動産会社の担当者と打ち合わせをしたり、新築工事の現場で職人さんにあいさつしたりするのに付いていくのが楽しくて、子どもながらに『他人に住まいを提供する』という仕事が面白そうだって思ったんです」

長く大家業をしていた父親の存在に加えて、大学時代の経験も不動産投資を志す大きなきっかけになった。就職活動に差しかかる頃、先輩に誘われて参加した学生向けのマネーセミナーをきっかけに、ビジネススクールに入会。株やFX、不動産など投資の仕組みを学ぶ中で、不労所得を得る生き方に大きな魅力を感じた。

将来的な物件購入を見据え、就職先は建築と不動産系の仕事に絞って探した。選んだのはリフォーム会社。営業系の仕事だったが、それほど規模の大きな会社ではなく、入社してすぐに現場監督を任された。工事現場でヘルメットをかぶり、年上の職人たちに指示を出す毎日。最初は冷たい視線に晒されたが、「絶対なめられたくない」と、女性の監督が敬遠しがちな夜間や休日も現場に顔を出していくうち、少しずつ仕事ぶりが認められるようになった。

「27歳までに1000万円を貯めてアパートを買う」という目標を立てた。「社歴が5年ないと金融機関に信用してもらえない」と聞いたことに加え、「30歳で独立」という目標に向けて3年前倒しした計画。「節約は嫌いなので、支出を削るよりも収入を増やすことを考えました」。大学時代のアルバイトで貯めた200万円ほどに加え、社会人1年目から給料のうち月10万円を全額、高利貸しに預けて資金を増やしていった。「今考えれば怖いもの知らずだったな、と思います。正直に言うと、激務すぎてお金を使う暇もなかったんですが…」

大学時代に入会したビジネススクールの流れで、投資や資産運用を学びながら経済的な自立を目指す女性グループ「富女子会」に入会。勉強会やセミナー、イベントなどに参加し、年齢の近い異業種の仲間たちと将来のビジョンを語り合った。「やっぱり1人だとモチベーションが下がりやすいし、少しお金がたまると『海外旅行に行きたい』とか思ってしまう。でも、同じような志を持った仲間が周りにいたから、目標に向かって気持ちを維持できました」

運命の物件に出会えない

計画通り、27歳で1000万円の自己資金が貯まり、アパート探しを始めた。仕事でつながりのあるゼネコンやデベロッパーの担当者から「このエリアはもう値崩れが始まっている」「ここなら将来も大丈夫」などと生の情報を得ながら、エリアは東京23区の城南・城西地区と横浜市・川崎市の一部に限定。「将来的に人口減少が進んでも賃貸需要があり、出口戦略を考えても有利なエリアを選びました」

物件は利回り7%以上、駅徒歩10分以内、築20年以内に絞り、「女性視点で住みやすいか」「男性が住んでも彼女を呼びやすいか」を重視して探した。「女性のメリットは物件の周りをウロウロしていてもそれほど怪しまれないこと」と、夜に駅からの道のりを歩きながら、街灯の数や人通りの多さなどを確認。「お風呂とトイレ、台所が綺麗で掃除しやすいかどうかもよくチェックしていました」

しかし、実際の物件探しは簡単ではなかった。土日はほぼ見学に費やし、仕事後の夜も活用したが、納得のいく物件は見つからない。「物件自体は問題ないけど、夜に隣の家から大音量で音楽が聞こえてくるとか、前のオーナーが高齢で手入れが全く行き届いていないとか…。どうしても『ここ』という物件に出会えなかったんです」

約1年にわたって100件以上見学しても購入できず、あきらめかけた時、知り合いの投資家から未公開物件を紹介された。横浜市鶴見区の菊名駅から徒歩10分、築7年の木造アパート。丘の上の静かな住宅街にあり、おしゃれな外観が目を引いた。物件価格は4000万円、ロフト付きワンルーム4室で、利回りは7.2%だった。

「直感的に『ここだ』って思ったんです。物件の前で『買う?』って言われた瞬間に即決しました。100件も見ていると、さすがに目が肥えてくるので、自信を持って決められました」

次のページでも、融資の受け方が分からない