写真© zstock-Fotolia

みなさん、こんにちは! 不動産投資専門税理士の叶です。お金を残す不動産投資コラム。今回は、不動産を売却した時に掛かる諸費用や税金について、事例を見ながらわかりやすく解説したいと思います。

不動産を売却する時には、どんな費用が必要か?

ここ最近、不動産価格が高くなっていて、一昔前に不動産を購入した方が、その不動産を売却するケースも出てきていますね。

では、不動産を売却する時には、どんな費用が必要になるのでしょう? 1億円で不動産を売却した事例をもとに、考えてみましょう。

○仲介手数料

不動産を売却する時、その売却依頼した不動産会社に払う手数料です。

手数料率は3%+6万円なので、1億円だと、消費税まで含めて330万4800円必要となります。

(売却価格1億円×3%+6万円)×消費税1.08=330万4800円

○印紙税

不動産を売却する時には買主と不動産売買契約書を交わしますが、その契約書に印紙を貼って、消印する必要があります。印紙税額は次の表のように、金額によって異なります(平成30年3月31日まで)。

契約金額

本則税率

軽減税率

10万円を超え 50万円以下のもの 

400円

200円

50万円を超え 100万円以下のもの

 1000円

500円

100万円を超え 500万円以下のもの

2000円

1000円

500万円を超え 1000万円以下のもの

1万円

5000円

1000万円を超え 5000万円以下のもの

2万円

2万円

5000万円を超え 1億円以下のもの

6万円

3万円

1億円を超え 5億円以下のもの

10万円

6万円

5億円を超え 10億円以下のもの

20万円

16万円

10億円を超え 50億円以下のもの

40万円

32万円

50億円を超えるもの

60万円

48万円

印紙税は通常、売主・買主1通ずつ作成しますが、どちらか一方を原本、もう一方を写しとすると、印紙税は原本のみが対象となるので、これを売主・買主双方で分ければ、印紙税を節税することが可能です。

○抵当権の抹消費用

売却する不動産を担保に借入をして抵当権を設定している場合、その抵当権を抹消するための費用が必要となります。

抵当権抹消に必要な登録免許税は、不動産1つにつき1000円で、司法書士に依頼する場合は、司法書士費用が別途掛かります。

○銀行への違約金

銀行からの借入金を固定金利等で借りている場合は、契約の内容によって違約金が発生する場合があります。

次のページ「譲渡所得」の計算でよくある勘違い