写真© NOBU-Fotolia

こんにちは。鑑定士×投資家です。今回もコラムをご覧下さり、ありがとうございます。前回コラムでは僕の付き合いのある金融機関のうち、メガバンク2行について特徴や融資に対する考え方などを紹介させて頂きました。今回は、メガバンク以外で取引のある金融機関(地方銀行・政府系金融機関)についてです。

現在のところ、地方銀行4行、政府系金融機関1行との取引があります。それぞれについて、取引に至った経緯・特徴等について解説します。

地方銀行の良さ

先のコラムでも触れていますが、僕は投資エリアを全国とする不動産投資家です。メガバンクは融資エリアが広くて一見使い勝手が良さそうに思えるのですが、敷居が高かったり、融資基準が厳しかったりとデメリットが多いのも事実です。

実際のところ、僕はメガバンクより地方銀行との取引関係を重視しており、今後もこの方針は変わらないと思っています。

何故か? それは、不動産投資をする上で、メガバンクより地方銀行の方が圧倒的に「使い勝手が良い」、この一言に尽きます。

メガバンクと比較して、金利がやや高い、融資エリアが狭い等のデメリットはありますが、しかしながら、地方銀行にはそれらを凌駕する使い勝手の良さ、柔軟性がある、と僕は思っています。極端なことを言ってしまうと「地方銀行を制する者が不動産投資を制する」くらいに考えているのです。現に、僕のメインバンクは某地方銀行です(下記の地方銀行B)。

では、取引のある地方銀行それぞれの特徴を、開拓した順にご紹介します。

○地方銀行A

東北地方に本店を置く第二地方銀行で、あまりメジャーではありません。当初、狙っていた物件所在地にある地方銀行Aの支店を片っ端から当たりましたが、取りつく島もなく断られ続けました。地方銀行特有の「地縁」というハードルにぶち当たっていたわけです。縁もゆかりもない一見さんである僕は断られても仕方ないのですが…。

ダメ元で地銀Aの東京支店に融資相談の電話をしました。

余談ですが、地方銀行の東京支店というのは在京地元企業の相談窓口となっていることが多く(基本的に法人しか相手にしない)、個人投資家は門前払いされるケースがほとんどです。

しかし、地銀A東京支店で僕の電話を取ってくれた方は融資課長、非常に融資に積極的な方で、「一度、支店にいらっしゃいませんか?」と面談をセッティングしてくれて、物件・属性にも問題がないという判断で本部に掛け合ってくださいました。

その後はトントン拍子に話が進み、物件を購入するに至りました。この銀行の融資条件は下記の通りです。

金利

1.5%

融資金額

オーバーローン

融資期間

法定耐用年数起算(RC造47年-築年数)

次のページ融資枠の上限に達した地方銀行Bの対応は?