私が物件を購入する時は、築年数は考慮せず「利回りが取れて、ある程度立地がいい物件」を条件にしています。そのため、必然的に築古物件(1番若い物件でも築20年~1番古い物件で築80年)を購入する事になります。もちろん、フルリフォームは必須です。

その中で「リフォームがキツかった」「マジで買わなければ良かった…」と思った物件は、3号と11号です。3号は購入した物件、11号は転貸で運用している物件です。

○3号のスペック

価格

660万円

利回り

40%

横浜駅まで7分ほどの某駅から徒歩10分ほど

築年数

約40年

間取り

5LDK

○11号のスペック

利回り

100%(転貸のため、リフォーム費対比で算出)

新宿まで30分ほどの某駅から徒歩10分ほど

築年数

約45年

間取り

5LDK

両物件、何が大変だったかというと、3号が残置物満載の「蔦家(ツタヤ)」で11号が「シロアリハウス」だったことです…。

3号:残置物満載の蔦家

3号ですが、「残置物撤去不要」という条件で大幅な指値を慣行したので、残置物が山ほど残っていました。また、もう数年住んでいなかったので無管理で、建物にツタが絡まりまくりの物件でした。

建物全体がこんなツタで覆われています。ツタで覆われた物件なので「蔦家(ツタヤ)」です(苦笑)。

このように、残置物満載です。洋服や仏壇まで残っています。

この物件の処理は大変でした……。

次のページこの物件をどのように処理したかを解説!