写真© NOBU-Fotolia

私は住宅業界に長く携わってきました。一般の現場の職人、工務店から業界最大手のハウスメーカーまで一通り経験し、良い面も悪い面もたくさん見てきました。

その結果、言える事。

「大手なら大丈夫!」というのは幻想にすぎないという事。

確かに、零細企業より大手の方が何かと安心な事が多いかもしれません。最近、賃貸業界で問題になっているのが「サブリース」。一括借上げで「任せておけば安心」という事で、高額な借入をしてアパートを建てたオーナーさんは多いはず。

私も、どんなものかと一括借上げを試した事がありますが、結果は「良くも悪くも大変勉強になった!」と言う事です(笑)。今はもう解約しています。

今回は一括借上げについて執筆したいと思います。

本当に任せて安泰なのか

サブリースは悪いシステムだとは思いません。しかし、「空室リスク」「トラブルリスク」の回避を目的だけに利用するのであれば、これが取り返しのつかない最大のリスクになります。

ポイントは、その市場においての需要と供給のバランス。そしてサブリースの契約内容です。

賃貸需要のあるエリアで、オーナーに有利な条件で、自身の手間と空室リスクを最低限に減らすのであればこれは大いにメリットがあります。これをきっちり把握したうえでサブリースを利用するのなら、最高のオーナーライフが待っているでしょう。

仮に何らかの要因でサブリースが解約になっても、別のサブリース業者にスムーズに移管できるし、一般管理や自主管理になったとしても安心です。サラリーマン時代に資産運用や相続対策で建てたアパートを、定年退職と同時に賃貸事業にシフトして現役として活躍するなんて、とても将来が楽しみなお話ですよね。

これが、業者主導で業者の数字の為に建てられ、市場の数字をおろそかにされ、それを知らないでいたらどうでしょう。

当然ながら業者の思うままに運用され、ツケはオーナーのところにきます

何故なら、ご存知の方も多いかと思いますが一括借上げする会社が大手であっても、賃貸借契約は一般の方と同じ形態になるため、オーナー側が不利になってしまう場合が多い

築年数が浅く入居に苦戦しない間にしっかりと利益を確保し、更新時には自身がまた損をしないような借上げ家賃を提示してきます。もし、条件が折り合わないようであれば更新しなければいい。

借上げ業者は数字を折り込んでいるので、損はしません。借上げ業者も営利目的なので、そのあたりは割り切っています。

次のページ不労所得にはほど遠かった