写真© © beeboys-Fotolia

古き良き時代の昔は、「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ!」という歌が流行ったものでした。「年功序列」の名のもとに、何もしなくても年を取れば昇進・昇給。「終身雇用」の名のもとに、一旦就職(就社?)すれば一生安泰。その代わり、昔の日本は、好景気・右肩上がりの成長期で、「24時間戦えますか?」の如く、24時間365日、馬車馬と言わんばかりにこき使われていましたが。

ところが、1990年に平成バブルが崩壊し、日本はその後、不景気・右肩下がりの衰退期に入りました。そして今では「年功序列」が崩壊し、「成果主義」の名のもとに「お気に入り主義」に。「終身雇用」も崩壊し、「リストラ」が横行し始めました。

「勤め先」には頼れない

ことなかれ主義の「イエスマン」、酒の付き合いやゴルフ等で送り迎えする「ごますりマン」等は出世しますが、自分の意見を主張する人、変わった人は嫌われ、上司と喧嘩した人、転勤を断った人、精神・体を壊した人等は、クビになっていきました。

国では「給料アップ」等を目指しておられますが、「お偉いさん」はともかく、私達「お馬鹿さん」の給料は減る一方です。「ワークライフバランス」・「働き方改革」・「休み方改革」・「プレミアムフライデー」等といった掛け声も流行っていますが、世間体をとりつくろう為の名ばかりの感が否めません。

また、平成バブル崩壊後は、「N本興業銀行」「N本長期信用銀行」「H海道拓殖銀行」「Y一証券」等が相次いで倒産。その後も、「N本航空」も一度倒産しましたし、東日本大震災の際は、「T京電力」も事実上破綻。昨今では、「T芝」が事実上破綻しました。大企業でも、倒産母さんする時代になったのです。

そんな中、年金制度も崩壊しています。現状でも65歳からしか年金を返せない為、各企業に65歳迄面倒見ろとのこと。しかし実態は「雇用延長・嘱託テーブル」の名のもとに、最低賃金法にひっかからない程度の低賃金(月給12万円~)で、かつての後輩・部下にあごでこき使われ、雑用をやらされる毎日が待っているのです。サラリーマンの給料は「成功報酬」ではなく、「生活給」です。従って、「生かさず殺さず」「死なない程度」の給料しかもらえません

昨今では、「逃げ切り世代」と言われている「団塊の世代」が退職になり、退職積立金も枯渇し始めています。減給・リストラ・倒産の嵐の中、給料・賞与・退職金・企業年金にも頼れない時代になったのです。

「国」にも頼れない

国は国で毎年、年収50兆円(我々サラリーマンの税金等)しかないのに、国債等で50兆円借金をし、100兆円も無駄遣いをし、1200兆円も負債が積みあがっています。我々個人の家庭に置き換えれば、年収500万円の家庭が、毎年500万円サラ金から借金をし、借金が1億2000万円に積みあがったのと同じ状態です。通常、とっくに自己破産ですね。

増税も限界でしょうし、国は節約する気もないでしょうから、紙幣・国債を印刷して、貨幣価値・負債を目減りさせ、負債をチャラにするしか生き残る道はない筈です。アベノミクスになってから、紙幣・国債の量は3倍になっているとのことです。理論上は、貨幣価値は3分の1、逆に物の価値は3倍になってもおかしくない状況です。

次のページそんな状況で、私達庶民には何ができるか