写真© NOBU-Fotolia

不動産投資を始めて2年になりますが、ようやく不動産投資というものを冷静に考えられるようになってきました。ちょっと遅すぎましたね(笑)。いろいろな意味でギリギリです(笑)。

今回はこれまでの経験を振り返り、不動産投資なんかするんじゃなかった…と感じたことをランキング形式でお話します。これから不動産投資を始めようと考えている方は、反面教師として読んでいただければと思います。

第5位 家賃の1年分が消える

2016年12月、1K4室のアパート「はじめちゃん」の空室2部屋に入居申し込みがあったので、すぐにリフォーム。1室は壁クロス、床クッションフロアの張替だけで約5万円。もう1室は前の入居者が10年近く住んでいたためクロス、クッションフロアの傷みがひどく全面張替。さらに、エアコンの交換が入居の条件だったため約30万円かかってしまい、2室合計34万7000円…。家賃の1年分が消えました。

○今だったらこうする

このときは満室になることがわかっていたので負担に感じていませんでした。今さらですが、エアコンがまだまだ使えるものだったので、自宅のエアコンと交換すればよかったと思います。

このコラムを書きながらいろいろ思い出してきた! 家電量販店より高かったし! エアコンだけ知り合いの電気屋さんにお願いすればよかった…

第4位 人生初の内容証明郵便

2017年8月、将来的には自宅にしようと考えて購入した賃貸中の一戸建「不二子ちゃん」で家賃の滞納が。6月末に取引して8月から延滞って…。家賃保証会社から賃料が振り込まれるので第4位という微妙な位置ですが、お先真っ暗。

それよりも不安に感じたのが内容証明郵便!家賃保証会社が入居者と話し合って勝手に解決してもらえるものだと思っていました。管理を任せている不動産会社Aから、内容証明郵便に堀之内名人の印鑑が必要だと言われたので、印鑑を持参して不動産会社Aへ。これも貴重な経験と超お気楽に内容を確認していると、最後に自分の住所と氏名が…。

堀之内「逆恨みされたら堀之内家が直接攻撃されるんですね」

不動産会社「ですね」

こわい…。

○今だったらこうする

この物件に投資意欲を根こそぎ奪われた気がします。月々3万円のローンを組んで「不安」を購入してしまったぐらいの感覚です。買わなきゃよかったと言ってしまえば元も子もないのですが、家賃収入が増えることばかり考えていました。次に買うときは…というか、しばらく返済に明け暮れるので、次はありません(笑)。

次のページ第3位 想定外の費用が発生して…