「不動産投資」という言葉すら知らずに買った区分マンションからスタートし、現在では所有物件10棟150室、総資産16億円、年間家賃収入1億2000万円と、「女流メガ大家」としてその名が広く知られるようになった内本智子さん。「生まれてから20年間は学校へ、卒業後20年間は会社員、退職後20年間は好きなことをする」という人生設計を思い描き、計画通りに勤続20年の節目で会社員人生に別れを告げた。成功を掴んだ裏には、未来を見据えた緻密な戦略と、勇気を持って決断する心の強さがあった。

危機感が動機に

「大手企業に入社して、『これで一生安泰だ』と思っていたら、部長職以上の女性がほとんどいないことに気づいて。定年まで勤められるか、不安になったんです」

会社員としての将来に対する危機感から、「お金を殖やす」ことに強い関心を持ち、給与はほとんど使わず財形貯蓄などでコツコツ1000万円を貯めた。全て銀行に預けていたが、バブル崩壊で金利が急降下していた時代。「何かいい運用方法がないか」と考えていた2003年、34歳の時、「日本橋のワンルームマンション・利回り9%」という新聞広告が目に入った。「銀行に預けるより全然いいな」と感じた。

「思い立ったら即行動」と、広告を見た翌日にモデルルームへ足を運び、すぐに申し込みを入れて1380万円の新築区分マンションを現金購入。「当時は不動産投資という言葉すら知らず、貯金の延長のような感覚でした」。1年後には自宅用のつもりで、借地権のため安くなっていた4LDKの新築分譲マンションを購入したが、引っ越し間際で妊娠が判明。教育環境などを考えて元の住まいに残ることを選び、購入した区分は2戸目の投資用物件となった。

その後、書籍や教材で本格的に不動産投資を学び、2010年に板橋区の中古戸建てをキャッシュで購入した。4LDKをリフォームし、当時まだメジャーではなかったシェアハウスとして運営。掃除を当番制にしたり、入居者に修繕工事の立ち合いを有償で頼んだりと、遠隔運営の「システム化」を実現し、自主管理で表面利回り20%という高収益を生み出した。

夫の理解は得られずに

1戸目の区分は夫に内緒で購入していたが、ある時、クローゼットに隠していた権利証が見つかった。「主人は全く投資に興味がない人。権利証を持って『これ何やねん』と問い詰められて、『実は…』と説明したら、『お前、服やバッグならともかく、人に黙ってマンション買うやつなんておるか』とあきれられてしまいました」

シェアハウスの購入を夫にカミングアウトしたのは契約当日の朝だった。「主人が『休みだし、子どもとどっか遊びにいこか~』というので、『いや、ちょっと今から売買契約があるねん』と。主人は『は?契約って?』というような感じで…。さすがに激怒されて、その時は1カ月ぐらい口を聞いてもらえませんでした」

「あの本」を読んで戦略転換

シェアハウスも満室となって運営が軌道に乗り、「23区内にシェアハウスをどんどん増やしていこう」と考えていた矢先。ロバート・キヨサキの著書『金持ち父さん 貧乏父さん』に出合い、「買い進めるスピード」という考え方に反応した。区分や戸建ては資産を増やすにはスピードが遅く、「20年で会社員卒業」という目標を達成できないという結論に達し、1棟マンションに絞って規模を拡大していく方針に切り替えた。

2010年末から、区分マンション2戸とシェアハウスを全て購入金額を上回る値段で売却。7年間のキャッシュフローに売却益を加えた自己資金約3000万円と、何より「実地で学んだ賃貸経営のノウハウ」を引っ提げて、会社員リタイアへの道を歩み始めることになった。

次のページ1年で4棟購入