以前のコラムで、私が猫専用賃貸において最もこだわっているポイントは「猫トイレの置き場所」とお伝えしました。今回は、その他のこだわりポイントについて解説したいと思います。

私の作る猫専用賃貸には、猫を飼う上での基本ルールがあります。それがコチラ。

1.猫は完全室内飼いにすること

2.去勢避妊手術をすること

3.猫は3匹まで

4.猫以外の動物不可

5.ベランダ含む禁煙

これだけうるさくルールを設定している賃貸もそうないと思いますが(苦笑)、入居者さんはあまり苦に思っていないというのが所感です。というのも、猫のことを大切に想っている「猫リテラシー」の高い飼い主さん=入居者さんにとってみると、どれも「好都合」なルールだからなのです(シレッと「全面禁煙」なんてのも入ってますが)。

注目していただきたいのが、1の「猫は完全室内飼いにすること」というルール。関係各所の啓蒙活動により、2017年現在「猫は室内のみで飼い、外に出さない」という飼い方が当たり前になってきています。

では、そういう人に飼われる猫はどういう出自が多いのでしょうか。日本における猫の入手先を調べてみると「野良猫を飼うことにした」が大多数という結果が出ます。日本獣医師会が発表した最新データがコチラ。

出展:一般社団法人日本獣医師会 家庭飼育動物の飼育者意識調査(平成27年度)

表の「その他」が「野良猫を保護した、拾った」で、34.6%。「友人・知人から譲ってもらった」というのも内実は「ウチの子が捨て猫を拾ってきちゃったのよ、貰ってくれない?」とか「ウチで保護した野良猫が子供産んじゃったのよ、貰ってくれない?」とかじゃないかと邪推しますが、とすると実に8割以上が「雑種の元野良猫」を飼っていることになるのです。

野良猫は外で暮らしていたため、外の世界を知っています。そういう猫を完全室内飼いにした際、猫がストレスを感じたり、外に出たがったりすることが往々にしてあります。適応能力に優れた猫は、徐々に自分の置かれた環境に慣れてきますが、そのことを知っている、猫を可愛がる人ほど「猫を快適に生活させたい」と思うものです。私はこの猫飼いさんの夢を叶えてあげたいと思い、猫を安心して外に出せる工夫を施しました。

次のページ猫を安心して外に出せる工夫とは?