平日は、本人いわく「普通のOL」。だが、実はアパートとシェアハウス計5棟41室を所有するオーナーで、さらに太陽光発電や海外のコンドミニアムなどにも手を広げ、年間家賃収入3000万円、税引き後キャッシュフローは不動産だけで900万円、総資産は6億円に上るという仮面OL☆0117☆さん(35)。自宅の購入をきっかけに不動産投資に興味を持ち、短期間で規模を拡大していった背景には、将来を見据えた「ある想い」があった。

自宅マンション購入を決断した理由

高校を卒業後、「親に頼りたくない」という思いから奨学金を受けてアメリカの大学に進み、経営学と会計学を学んだ。現地の税務コンサルティング会社で節税のスキーム立案やM&Aのサポートなどに携わった後、27歳のときに帰国。外資系の税務コンサル会社に5年ほど勤務し、現在はメーカーで働いている。

帰国して2年ほど経った2013年、28歳の時、赤坂で4000万円の自宅マンションを購入した。「当時は同じ赤坂の賃貸マンションに2年住んでいて、更新時期で『もう少し広いところに住みたいな』と考えていたところに、ちょうどマンションの営業マンが来たんです」。築8年の1LDK。金利0.75%の35年のフルローンで、初期費用は売主負担、100万円キャッシュバックという条件だった。「シミュレーションでは月の返済が11万7000円だったので、家賃とほとんど変わらない。これで今より新しくて広いところに住めるなら、と考えました」

それでも、4000万円という大きな金額には当然ためらいもあった。営業マンに「ずっと日本にいるかどうか分からないし、結婚したとして家族で住めるほどの大きさでもない」と相談した。すると、「ここは立地が良いし、同じような間取りの家賃相場は18万円前後。将来的に賃貸に回せばローン返済分などを除いて4、5万円ほどのお小遣いになるし、赤坂なら価値が下がりにくいので売却もできます」と言われ、購入を決断した。

リタイアの道筋が見えて

その年の秋。ふと、「マンション1室で5万円の家賃収入が得られるなら、4室ぐらいあればリタイアできるかも」と思った。「自宅を買ったことで家賃保証や家賃相場について理解が深まり、『経験値』が上がったという感覚もあったんです」。すぐに「マンション 投資」で検索して一番上に出てきた不動産販売会社の区分マンションのセミナーに参加。同時期、一棟アパート投資に関する書籍と出合い、「やっぱり区分より新築一棟物件だ」と方針転換し、今度は同じ会社の一棟ものセミナーに参加した。

セミナーを主催していたのは、土地付き木造アパートの販売で急速に業績を拡大していた会社だった。「4000万円の住宅ローンを考えると、1億を超すような首都圏の新築はハードルが高い」と判断し、担当者に「5000万円程度で探したい」と相談した。すると、「それなら名古屋か福岡ですね」という返答。家族の仕事などで縁があり、「経済規模も福岡より大きく東京にも近い」と、名古屋に絞って物件の紹介を受けた。

選んだのは1K6部屋の新築木造アパートで、価格は5100万円。栄生駅から2分、名古屋駅まで1駅で歩いても20分という立地だった。「人口減少で将来的に家賃が下落する可能性を考え、名古屋について徹底的に調べました。2027年のリニア中央新幹線開業を見据え、10年は大丈夫だろう、と。物件の近くには専門学校や企業もあって、入居ニーズは堅いと判断しました」

当時、貯金はほとんどなかったが、株式投資でアベノミクス相場の追い風を受けて1000万円程度の自己資金があった。信託銀行で自己資金1割を入れ、金利2.03%、30年の融資を受けることができた。

利回りは8%後半。「2部屋空室でも持ち出しにならないというシミュレーションで、いけると思いました」。予想通り、駅近で学生の需要があり、完成前に満室になった。購入から4年が経過した今も満室をキープし、月の手残りは12万円ほどとなっている。

次のページ1年で4棟購入