神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見された事件。不動産のオーナー視点で考えると、所有する物件でこのような事件や事故が起こった場合、入居者の退去や資産価値の下落など、将来的な事業計画が一変してしまう可能性があることをあらためて思い知らされる結果となった。

オーナーにとって、所有するアパートやマンションなどが「事故物件」となることは大きなリスクといえる。突発的な事件や事故より身近な「孤独死」の件数は年々増加しており、もはや対岸の火事ではない。大きなコストをかけず、大切な不動産を守る方法はあるのだろうか。

「わけあり」と感じてはいたが…

「危うく事故物件になるところでした」

こう語るのは、自宅を建て替えて、1階は貸店舗と自らのガレージ&倉庫、2階を自宅、3、4階を2部屋ずつ、計4部屋を貸している東京都世田谷区のオーナー掛田義道さん(仮名、76歳)だ。

築32年ながら、かつて建築業を営んでいたこともあり、建物のメンテナンスはほぼ自分で行ってきた。住人が入れ替わるたびに部屋も入念に手を入れてきたため、それほど古さを感じさせない。渋谷まで15分ほど、地下鉄直通で大手町にも一本で行ける。各部屋2DKで、家賃は15万円ほど。安くはないが、駅から2分という抜群の利便性で、空室が出てもすぐに埋まる好物件だ。

若い夫婦2組と1人暮らしの男性が暮らし、1部屋空いたが、間髪を入れず入居希望者が現れた。掛田さんは地元の不動産会社に仲介を一任し、家賃は振り込みではなく現金を手渡ししてもらう方法を取っている。

「小さな集合住宅だけれども、家賃を銀行振込にしたらまったく顔を合わせることもないからね。家賃を直接いただけば、月に1度一言二言は話もできるでしょ」

住人とのコミュニケーションをはかると同時に、生存確認もできるというわけだ。

新たな入居者

そんな掛田さんの物件に新たに入居してきた中年女性は、不動産会社が頼みこんできた人物だった。職業不詳でわけあり風だったが、情に厚い掛田さんは保証人もつけず、なじみの不動産会社の申し出を断ることはなかった。

しかし、女性は日中仕事をしている雰囲気もなく、深夜に外出している様子。しばらくすると、他の住人に「4階のAさんがあなたの悪口を言っていた」と吹聴するなど、人間関係ををかき回し始めた。もともと住人同士仲が良かったので、逆に新しい住人が嘘を言いふらしていることはすぐに住民に伝わり、女性は孤立していった。かかわると厄介だとすぐにわかったからだ。もちろん、大家である掛田さんの耳にも入ったが、大人同士のことなのであえて静観した。

しかし、2カ月目には早くも家賃を滞納し、翌月も姿を現すことはなかった。掛田さんは上の階に住んでいる女性の部屋を訪ねた。家賃が払えないなら相談に乗るつもりだった。インターフォン越しに対応した女性はろれつが回らず、酔っていることはすぐにわかった。「とにかく顔を見せなさい」とドアを開けさせた。

合鍵でドアを開けると…

「入居して3カ月もたたないうちに、玄関まで足の踏み場もないほどコンビニ弁当の容器、ビールの空き缶、日本酒や焼酎の紙パックが散乱していました。ゴミ屋敷の惨状はテレビで見たことがありましたが、まさか自分の貸している部屋がここまでになっているとは。私がへたり込みそうになりました」(掛田さん)

生ゴミが腐った臭いにアルコールやタバコの臭いが混ざった、これまで嗅いだことのない悪臭だった。これは出て行ってもらわなければと思ったが、女性が酩酊しているうえ、精神状態も普通ではないことはすぐにわかったので、翌朝改める旨を伝えた。

女性を紹介した馴染みの不動産会社の社長も連れて、翌朝、再び女性の部屋を訪れた。しかし、インターフォンを鳴らしても返事はない。そこで、開けることをドアの外で宣言し、合鍵でドアを開けてみると、なんとまさに首を吊りかけているところだったのだ。すぐに不動産会社と二人で降ろし、119番通報。意識はあり、一命を取り留めた。

その後の調べの中で、首吊りは掛田さんたちが鍵を開けるときにタイミングを見計らった狂言だったこともわかった。とはいえ、女性が加減を誤れば惨事にもなりかねず、事故物件になってしまう可能性もあった。

女性は前に住んでいたアパートの部屋もゴミまみれにして追い出され、住むところがないとその不動産会社に泣きつき、無理がきく掛田さんに頼み込んだという。

掛田さんは女性のことを不憫に思い、滞納した家賃はあえて請求せず退去させた。ただし、不誠実な仲介を行った不動産会社には原状回復の負担をしてもらった。料金は5万円くらいで済んだという。

このケースでは、家賃の手渡しなどを通じて入居者の様子をこまめに気にしていたことが、最悪の事態を避けることにつながったといえる。掛田さんは「情は大事にしたいとは思うけれども、今後は入居希望者とは面談して、トラブルを起こしそうな方はお断りしようと思います」と語る。

次のページ不動産会社「入居者確保が先決」