写真© hikdaigaku86-Fotolia

入居者がある日突然、失踪――。現実にそんなことが起きるのは想像したくもないが、連絡もつかず、家賃も滞納…といったトラブルが我が身に降りかかってきたとき、オーナーはどのように対処したらいいのだろうか。実際の事例から考えてみたい。

滞納者と音信不通に

楽待コラムニストで神奈川県在住の蘭木(あららぎ)緑さんは2014年末、遠隔管理する甲府のアパートの一室で、5カ月もの長期間にわたって家賃が滞納されているのに気づいた。滞納者は中国からの留学生Zさん(男性)。

Zさんに何度も電話をかけても出ず、メールを送っても返信はない。PC用、携帯用など複数のメールアドレスに連絡を入れても返事はなかった。

「電話をかけてもつながらない、電話番号が変わっている場合は、連帯保証人や大学関係者、他の入居者、ガス、電気、水道などの公共事業者へ問い合わせし、入居者の状況(いつまで住んでいたかや支払状況など)を確認しなければなりません」(蘭木さん)

蘭木さんはまず、連帯保証人のSさんに連絡を入れた。

すると、SさんはZさんの友達に頼まれて連帯保証人となり、Zさん本人とは一度しか会ったことが無いという。

次に、Zさんの通う大学に確認を取った蘭木さん。ところが「Zさんは2014年3月に卒業している」と言われてしまう。

「このアパートは入居者の半数が学生なので、卒業予定などの把握はしています。また、就活の為の卒業延期や大学院進学のケースもあり、予定通りではありません。Zさんの場合は卒業後数カ月間の家賃が振り込まれていたため、学生継続との認識でいました」(蘭木さん)

事情を話すと、卒業前後でZさんの学生課への登録電話番号が変わっている事がわかり、学生課経由で連絡を取ってもらうことになった。

「この時点で、『もしやZさんはアパートにいないのでは』という思いが頭に浮かびました。そこでライフラインの電気、水道、ガス会社へ問い合わせました。結果は電気、水道とも個人情報保護のため詳細は話せないと、個人情報の壁に阻まれることに。ただ、ガス会社は『昨年○月で清算していただき、閉栓しています。あれっ、退去されたのではないのですか』との反応でした」(蘭木さん)

現地へ向かってみると…

アパートの住人たちにもヒアリングしたところ、「最近全くZさんの姿を見かけない」という。テラスへの掃き出し窓に鍵がかかっておらず、荷物は放置されているということもわかった。

得られた情報を保証人Sさんと共有したところ、SさんもZさんとは連絡が取れないといい、「家賃が発生し続けるのは困る。荷物の量に応じて車で引き取りに行きたいので、室内の写真を撮って送ってほしい」と言われてしまう。大家は勝手に部屋には入れないと説明しても、Sさんは「鍵が開いているのは不用心だから、せめてそれだけでも閉めてほしい。そのついでに写真を撮ってきてもらえないのか」と言われる。

ムッとしたようなSさんの言葉もあり、蘭木さんは年末に現地へ向かった。連絡がつかず、窓の鍵は開いている……この時点では事件の可能性もある。カーテンの隙間から室内を覗くと、家具家電やその他の荷物は残されたまま。

自力救済禁止の原則(*後半で弁護士が詳しく解説)は頭にあったものの、連帯保証人Sさんからの「不用心だから鍵を閉めてください」との依頼もあるし、「不用心なので鍵を閉めるために入室させていただきます」と自分に言い聞かせ、テラスから室内に入ると……。

「そこには、人が普通に寝起きしているとは思えないほど散らかった部屋、残された家具家電、ゴミ袋の山がありました。以前のZさんを知っているだけに、このゴミの中で生活しているとは考えにくい。現状を目の当たりにして、この状況はただの家賃滞納ではなく失踪ではないかと思いました」(蘭木さん)

ともかく、室内のものには一切触れず、連帯保証人へ送る写真のみを数分で撮影し、窓を施錠して玄関から退室。早速、保証人Sさんへメール添付で写真を送付した。

次にやることは、連帯保証人Sさんへの内容証明郵便の送付。いきなり内容証明郵便が送られてきてはSさんも驚くと思い、まずは「内容証明を送る」と予告する書面を送付してから、家賃と残置物撤去費用の催告、期日、入金先、期日までに支払いがない場合の契約解除などについて記載した内容証明郵便を送付した。

すぐにSさんから連絡があり、賃貸契約の解除と、滞納家賃、撤去費用、原状回復費用の分割払いを依頼された。書面を交わして残置物撤去の代行を受けようとしたタイミングで、事態は大きく急変した。Zさんの転居先の住所が判明したのだ。

次のページ手続きを踏めば、転居先はわかる