楽待が絶賛開催中の「大家さん謝恩祭」は、投資家が楽待を通して物件に問合せをし、その物件を購入した際、物件購入価格の1%分の現金を楽待からプレゼントするというキャンペーンだ。

実績のある投資家はこのキャンペーンをどう使うのか? 複数の不動産投資家に、物件探しから購入、所有権移転までの流れを細かくリポートしてもらうべく、日々の活動状況をお伝えする本企画。本当に物件を購入できるのかなど、リアルな実態を連載形式でお届けする。

第2回目となる今回は、国内系ノンバンクにて不動産担保融資を担当している三浦隆さんのその後の状況。前回、7物件に問合せをするも、6物件があっという間に対象外になってしまい、このまま本当に物件は買えるのだろうか…という内容で終わっていた。

それが、なんと! その後問合せた物件をスピード契約したという報告が!!

短期間でどのような活動をして、物件の購入に至ったのか、そして購入したのはどんな物件なのか、リアルな実態を公開!

三浦隆さんプロフィール

・国内系ノンバンクにて不動産担保融資を担当
・総投資額23億円。26棟、区分12戸(マンション7戸、店舗5戸)を保有
・今年に入り、1棟物件4棟、区分店舗3戸購入、賃貸戸建5戸、区分マンション3戸を売却。
不動産知識と金融知識を駆使し、多種多様な物件にチャレンジ中

前回の活動の振り返り

「大家さん謝恩祭」のキャンペーンを利用して物件を購入すると決め、物件価格が高騰している現在のマーケットでも、ライバルが少なく、割安で購入できる商業区分(区分店舗や区分オフィス)を中心に物件を探すことにしました。

商業区分は、初心者には少し不向きかもしれませんが、賃貸経営の実績さえ認めてもらえれば、築古であっても融資が受けやすく、狙い目だと考えています。

前回、7物件に問合せましたが、すでに買付が入っている、価格が希望と合わないなどの理由でほとんどの物件が検討対象外になってしまいました。

「大家さん謝恩祭」にはキャンペーンの対象となる物件と対象にならない物件があったため、対象になる物件の中から探していました。しかし、9月19日から楽待に載っているすべての物件が対象になったということで、早速気になる物件に問合せをしたところ、トントン拍子に話が進み、わずか10日でスピード契約に至りました。

一見すると利回りの低い物件ですが、エリアの将来性が高く、安定した経営が可能なこと、家賃が値上げできる可能性が高いことなどを考慮し、購入を決めました。問合せから現地調査、融資相談、価格交渉など一連の流れを時系列で報告します!

【スピード契約した物件の概要】

物件種別

区分事務所

価格

7980万円→7530万円

利回り

5.36%→5.67%

築年数

築12年

広さ

約90平米

立地

乃木坂駅徒歩1分、六本木駅徒歩8分など、3駅5路線が利用可能

物件の間取り図。地下1F のフロアにあるオフィス。

活動報告

◆9月19日(火)
楽待に掲載されているすべての物件が「大家さん謝恩祭」の対象になったということで、再度検索を行って六本木の区分事務所に問合せをした。価格は7980万円、利回りは5.36%と低めだが、エリアの将来性が高いこと、現在家賃が相場より低いこと、価格交渉の余地がありそうなことを好材料と考えた。

問合せたその日に融資をお願いしたいと思っていた信用金庫にも連絡し、購入の相談を行った。

次のページ「三浦流」の融資相談のポイントは?