2015年、26歳の時に不動産投資を始め、現在は夫婦で東京、愛知、千葉に6棟70室を所有する八木エミリーさん(28)。総投資額は6億円を超え、年間家賃収入は4930万円、税引き後キャッシュフローは1410万円に上る。「目標は20代で総投資額10億」とスケールは大きい。

しかし1棟目を購入するまでには、不動産会社50社ほどを回っても全く相手にされないという試練の日々を送り、現在も管理会社のおざなりな対応に悪戦苦闘するなど、若い女性ならではの困難に直面している。それでも決してへこたれることなく、オーナー業に日々邁進するのは、不動産投資での成功の末にかなえたい「2つの夢」があるからだ。

生まれ育った地元を再生したい

「街を変えるには、市長になるかお金持ちになるしかない」

愛知県の海に近い田舎町に生まれ、急速に過疎化が進む地元の将来に漠然とした不安を抱いていた。「今は東京に住んでいますけど、家族や友達が暮らしている場所。『もっと魅力的な街にしたい』という思いがずっとあって…。それで、市長は無理だけど、お金持ちになれば自分にもできることがある、と考えたんです」

そのためには「まずはお金の勉強だ」と、新卒で東証一部上場の証券会社に入社した。朝4時に起きて新聞を隅から隅まで読み、飛び込み営業を続ける毎日。金融や経済の知識も少しずつ身に付いてきた入社2年目、24歳の時、地元にある海辺のホテルが売却を考えているという話を聞いた。

「もともと、ぼんやりとホテル経営をしたいという夢があったんです。ホテルの目の前に有名なカフェやカヤック場があって、きっと集客も見込めるし、地域活性化につながると思いました」

売却価格は2億円。当時は想像すら及ばないような金額だった。「それでも、『私、ここ買いたい!』って思いました。ただ、親に頼んで借りるぐらいしか思いつかなくて…。買うならどうすればいいんだろう、2億貯まるまで待てない! と考えた末に行きついたのが、不動産投資だったんです」

セミナーに出ても相手にされず

それから約1年間、土日をすべて使ってセミナー漬けの日々を送り、不動産投資に関する書籍も100冊以上読んだ。「仕事でだいたいの投資については知識がありましたけど、不動産投資に関しては素人なので、とにかくいろんなセミナーに一通り参加しました」

ただ、訪れたセミナー会場では、常に冷ややかな視線に晒された。「オジサンばかりの中に一人小娘が混じっているので、『どうせ冷やかしだろ』と思われて全く相手にされないんです」。いつも最前列で一生懸命メモを取っていたが、個別相談に申し込むと、順番が回ってくるのは決まって最後。必ず新人の担当者が対応した。

「隣で居眠りしている人よりは頑張って聞いていたはずなのに、自分は後回し…。本当にナメられてるな、と悲しかったです。いつか名前が知られるように頑張って、見返してやろうと燃えました」

当時の年収は460万円で、自己資金は貯金300万円と株式200万円ほど。「大家さんの知り合いも全くいなかったので、とにかく汗をかいて足で探すしかありませんでした」。ひたすら飛び込みで業者を回る毎日。証券会社の厳しい営業で鍛えられたフットワークと鋼のメンタルが生きた。

50社ほどを回ったが、9割はまともに相手にされなかった。「入った途端、受付の女性から『今日は誰もいませーん』と門前払いされることもありました。あとは、どう考えてもマイナスにしかならないような売れない物件を紹介されたり…。見た目がトロいので、たぶん『適当に言っときゃ買うだろ』と思われたんでしょうね」

次のページやっと買えた1棟目