前回の記事で、「猫を外に出せる工夫」をご紹介しました。今回は前回に続き、猫専用賃貸に必須の装備をご紹介したいと思います。

「犬と猫の違いとは?」と言われたら、何を思い浮かべますか? 「犬は吠えるけど、猫は吠えない」「犬は散歩が必要だけど、猫は必要ない」など、色々と思い浮かぶことでしょう。猫専用賃貸を作るに際して、私が考える重要な差異はこの3つです。

1.犬は二次元、猫は三次元に動く

2.犬は肉食系雑食、猫は完全肉食

3.犬は社会性に富み、猫は社会性に乏しい

今回、注目して頂きたいのは「犬は二次元、猫は三次元に動く」というポイントです。

犬は「社会性に富む生き物」なので、他の会ったばかりの犬とも一緒に遊ぶことができます。ドッグランが良い例です。多少の高低差はあれど、ドッグランは大抵、だだっ広い場所に設営されます。犬は自由に「走り回る」ことができる広いスペースを好むからです。

一方、猫の先祖は木の上で生活していたDNAの名残なのか、広いスペースで走り回るより、木の上など高いところ登ることを好みます。

完全室内飼いすることを前提としている私の物件では、外に出せない代わりに猫が室内で上下に動けるための工夫をこんな感じでしています。

Gatos Aptのキャットウォーク その1

Gatos Aptのキャットウォーク その2

Maison Nekoのキャットウォーク

Seilan Aptのキャットウォーク

最近、猫専用や猫共生を謳った賃貸物件が増えてきています。その事自体はとても喜ばしいことなのですが、多くの物件が「キャットウォーク」を最大のウリにしています。

私が監修する物件では、実はそれほどキャットウォークに執着していません。主な理由は2つあります。

次のページキャットウォークを最大のウリにしない理由は