写真© chachamal-Fotolia

はじめまして。元土地家屋調査士、現在は行政書士の片岡美穂です。よろしくお願いいたします。バブル期に不動産会社での営業を経験し、その後、土地家屋調査士へと転身しました。補助者見習い時代と本職時代とを併せて約15年実務に就いておりました。今は行政書士として業務を執る傍ら、戸建ての投資もしています。

土地家屋調査士って何者?

不動産投資をされている皆さんの中には、既に「土地家屋調査士」が何者なのかご承知の方もいらっしゃるかもしれません。でも、時折「シロアリ駆除専門家?」「探偵事務所ですか?」などと聞かれることもあり、まだまだ知られていない士業なのだな…と感じることも少なくありません。

また、最近注目されている住宅診断士と間違われることも増えました。彼らは中古物件のインスペクションを行う専門家です。建物の強度や問題のある箇所をチェックするお仕事のようです。

土地家屋調査士とはその業務内容が全く違います。名称に「調査」とありますが、建物の強度やその状態については調べません。登記に記載されることのみを調査します。所在地、種類、床面積、構造、建築年月日等です。

これからコラムを通じて、不動産についての境界、登記、測量などについてお伝えできればと思っています。不動産投資を行う場面でどのように土地家屋調査士を活用していただくと有効的なのか、事例なども交えながら、ちょっぴりと裏話もお届けしたいですね。

第1回目は土地家屋調査士が行う主な業務についてご説明します。

不動産の表題部の登記申請を行う

「不動産の登記といえば司法書士なのでは?」とよく言われます。司法書士は不動産登記の権利関係についての登記申請を行います。売買・相続・贈与などで所有権が移転した、融資を受けて不動産を担保にしたので抵当権の設定をする、といった場合です。

土地家屋調査士は、その不動産の表題部に関する登記を行います。権利は目に見えないですが、表題部に登記する内容は現地に行けば目に見える事項です。現地と登記を常に整合させることは、不動産所有者に義務として課せられています。その申請手続きのお手伝いを土地家屋調査士が行います。

例えば物件を建てたら、その実態について表示登記します。土地を兄弟で2筆に分けるなら、そのために測量をして登記申請をします。増築をしたら、その部分について変更があったことを申請します。

それでは、具体的にどのようなことを行っているのか、ひとつずつご紹介します。

次のページ「土地家屋調査士」はこんなことをしている