写真© Mak-Fotolia

読者の皆様は、どのような方法で金融機関にアプローチし、金融機関との関係性をより深いものにされていますか? 不動産投資の成否を考えたとき、金融機関の取引数も大切だと思いますが、僕の経験上、その関係性に尽きると言っても過言ではないと思っています。

今回のコラムでは、僕がある金融機関でどのように関係性を築き、そして融資枠の拡大を実現してきたのか、ということをご紹介します。

不動産投資で「メインバンク」は必要ない?

不動産投資ではメインバンク(主に取引する金融機関を1行に定め、密接な関係を保つという日本独自の金融慣行)は必要とないという声が多い気がします。本当に不動産投資ではメインバンクは必要ないのでしょうか。

結論から言ってしまうと、メインバンクがあってもなくても不動産投資では成功できると思います。

かく言う僕も、不動産投資の初期段階では「メインバンクは必要ない、複数の金融機関から1~2億円ずつ融資を受けることができればそれで良い」というスタンスでした。一般的なサラリーマンに融資してくれる金融機関の融資枠は、せいぜい1~2億円くらいだと考えていたからです。

しかし、不動産投資を始めて4年ほど経ちますが、僕にはメインバンクがあります。「この金融機関!」と狙い撃ちしてメインバンクを作ったというより、自然とある金融機関がメインバンク化したという感じです。

既述のように、メインバンクはあってもなくても良いとは思いますが、実際にメインバンクを持ってみて、メインバンクがあると「不動産投資が楽になる」というのが率直な感想です。

メインバンクとの出会い

僕のメインバンクはメガバンク等ではなく、某地方銀行です。どこの地方銀行も同じだと思いますが、地方銀行は「地域発展のため」といった役割を担っています。そのため、基本的にその銀行が存在するエリアに何らかの縁やゆかりがないと融資をしてくれません。

しかしながら、これはあくまでも原則であって、必ず例外は存在します。僕もこの例外に当たった口です。以前のコラムで銀行開拓についてはご紹介しましたが、メインバンクとなっている地銀もローラー的なアタックで開拓したある田舎の支店です。

今では良好な関係性を築けている支店ではありますが、開拓当初はなかなか話を聞いてもらえませんでした。しかしながら、この支店の優秀な担当者Aさんと知り合うことにより、私の不動産投資人生が変わったのです。Aさんは私の話を真剣に聞いてくれ、融資が可能となるよう道筋・ロジックを一緒に考えてくれたのです。そのロジックというのは以下のようなものです。

「私は不動産鑑定士。○○市には現在、不動産鑑定士が3名ほどいる。しかしながら、3名はいずれも高齢で、公的評価(地価公示や路線価評価等)からの引退も近い。数年後、○○市で私が独立開業すれば、独占的に仕事が取れる。将来は○○市で独立して地域貢献したい

このようなロジックを組むことにより、Aさんは行内の承認を取ってくれたのです。これが将来メインバンクとなる某地方銀行との出合いです。

次のページ「融資枠2億円」と宣言されたが