写真© hanack-Fotolia

元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな言葉は『増税』です。

ぼくは大学を卒業して、東京国税局に入庁、法人税の調査官を経て、現在は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーでお笑い芸人をやっています。ブラックホールより暗い、漆黒の芸能事務所からすずめのヒナの涙みたいな賃金をもらって生活をしています。

ライブに出たり、税金や貯金術に関するセミナーを実施したり、月1回くらいテレビの仕事があったり、ウェブで連載記事を書いたり、出版に向けて動いたりしています。それもこれも全て、国税局の経験と現在に至るまでの自己研鑽の賜物だと認識しています。努力を怠らなくて良かった。

こちらの連載では、不動産の売買を行う方々を中心に、個人事業や法人の代表者、あるいは一般の会社員に方に愉しく、かつ役立つインフォメーションとインテリジェンスをお届けします。

調査の仕方はいろいろ

さて、まずはぼくが国税局時代にやっていた調査の概要から。法人税の税務調査が主な仕事です。『マルサの女』のように惣菜屋やカフェ、パチンコ屋に行くこともありますし、土建屋さんやITベンチャー、不動産投資をしている方のところにも行きました。

しかし、会社に出向く実地調査だけでなく、準備調査や調査先の選定のために申告書類や預金口座を調べることもありますし、調査対象法人の取引先に出向く「反面調査」もあります。

「内観調査」と言って、こっそり様子を見に行って、飲食店であれば食事をし、風俗店であればプレイに臨むこともあります。数えたことはありませんが、2年と1カ月いた国税局で、数百の法人や個人事業者に関わったかと思います。

法人税の調査といっても、法人税に関する資料だけ見るわけではありません。同時に、消費税、印紙税、源泉所得税の調査も行います。これらは「4点セット」と呼ばれ、調査時には必ず否認事項を見つけたい項目です。

「否認」というのは、法人や個人事業者が行なった経理処理や申告処理を認めずに、所得を増やすことを指します。

次のページ印紙税の否認は難しい