サラリーマンエンジニアを続けながら、区分マンションの現金買いに絞って堅実に規模を拡大し、現在は都内や京浜地区の中古ワンルームを中心に51棟・51室を所有する芦沢晃さん。投資歴22年で総投資額約3億円、無借金で家賃年収3200万円を実現した「区分のプロ」に、中古物件市場価格の源流である「聖なる泉」への近づき方、そして購入に値する「未来が輝く物件」の見極めについて聞いた。

突如リストラ…それでも

「芦沢君、もう会社来なくていいよ」

2004年、46歳の時、21年勤めた会社から突然の指名解雇を通告された。20年以上残っている住宅ローン、アルツハイマーとなった親の介護、まだ小さな子供の教育費…。さまざまな将来の不安が頭をよぎった。

しかし、その数カ月後、一家そろって「早期退職記念旅行」と称してハワイへ。心地よい海風を浴びながら、昼間は人気のビーチでシュノーケリングを楽しみ、夜は趣味のアマチュア無線で世界中の仲間と交信する悠々自適の日々を送った。

リストラという憂き目に遭いながら、のんびりとリゾート気分を満喫することができた理由。それは当時、すでにサラリーマンの給与を上回る家賃収入があったからだ。以降、専門技術を生かして再就職した会社で好きな仕事を楽しみながら、少額の中古マンションを少しずつ買い足して家賃収入を積み上げ、家族全員で安定した生活を送っている。

「私が会社からの給与だけで生活するサラリーマンだったら、あの時、精神的に参ってしまったかもしれない。当然、のんびりハワイ旅行なんて絶対できなかった。マンション投資をしていたことが、私と家族の窮地を救ってくれたんです」

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む