写真© chombosan-Fotolia

楽待が開催中の「大家さん謝恩祭」は、投資家が楽待を通して物件に問合せをし、その物件を購入した際、物件購入価格の1%分の現金を楽待からプレゼントするというキャンペーンだ。

実績のある投資家はこのキャンペーンをどう使うのか? 複数の不動産投資家に、物件探しから購入、所有権移転までの流れを細かくリポートしてもらうべく、日々の活動状況を届ける本企画。本当に物件を購入するまでに至るのかなど、リアルな実態を連載する。

2人目は、東大卒のMBA保有者でコンサルティング会社を経営している珠さん。総投資額9.7億円、投資歴は13年というベテラン投資家だ。今回は、実際に楽待で物件を探して不動産会社に問合せをするまでの活動報告。6物件に問合せたが、5物件は検討から外れたという状況に…。1人目の三浦さん同様、早くも先が見えない状態で、果たして本当に物件は買えるのか?

どのような条件で物件を検索し、どんな視点で物件を選定するのか、そしてどのように融資相談を行っているのかなど、「融資を受けて優良物件を購入するための物件の見極め術」を中心に、わかりやすく、読みやすい、ユーモアたっぷりの文章でお届け!

珠さんのプロフィール

・41歳、コンサルティング会社経営。 東京大学卒業後、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)修了。日系コンサルティング会社を経て転職した外資系コンサルティング会社で、今まで触ったこともなかった不動産の事業性評価のプロジェクトに放り込まれる。顧客先に常駐すること約1年、その間に不動産投資の面白さ、ダイナミックさに目覚める。自分でもやってみたくなり、最初にアパートを購入したのは28歳。それから延べ投資歴は13年。

・購入履歴は1棟マンション×5棟(総額6億2,500万円)、1棟アパート×3棟(総額1億4,800万円)、区分マンション×11戸(総額1億2,000万円)、区分テナント×2戸(総額7,700万円)で合計9億7,000万円。そのうち、マンション3棟、アパート2棟、区分マンション5戸は売却済。

「大家さん謝恩祭」は投資家のストレスを軽減させてくれる!?

コンサルティング会社時代、不動産の事業性評価をする際に重要視するポイントの一つに「第一印象」がありました。その意味で、大家さん謝恩祭は「かなり人目をひく!」と言う第一印象でした。不動産を購入した経験のある方であれば、1%の重みを実感しているはずです。

・あと100万円、いや50万円価格が安くなれば…

・仲介業者さんの働きがイマイチだが、3%の手数料を値切る訳にもいかない…

・銀行指定の司法書士さんの報酬が前回の司法書士さんより4万円も高い…

・銀行が金利を下げてくれない…

・リフォームしたいけど、あとから支払う取得税のこと考えると…

などなど。不動産投資には何かとお金がかかります。そしてその金額についても、合理的に決まっているものではなく、「こんな感じかな」とか「社内基準だから」などの曖昧な、投資家から見るとイマイチ納得しかねる理由で決まっている場合も多々あります。

かつて流行った「鬼のような指値」を入れられる投資家さんなら良いのですが、私のような気弱な投資家であればあるほど、言いたいことが言えず、ストレスだけを溜める結果に繋がるわけです。

今回のキャンペーンは、そんなストレスを軽減(場合によっては激減)させてくれる、面白い企画だと思いました。個人的には支給額の天井を100万円ではなく、もう少し上げてくれても良いんじゃないのとは思ったのですが…(笑)。

次のページ取引がある4つの金融機関の融資条件を公開!