写真© Norman01-Fotolia

みずほ、三菱東京UFJに三井住友……いずれのメガバンクも店舗を2割閉鎖し、従業員を3割削減する中期計画を発表しました。

 

「事務作業とか融資の審査を、AIにさせるらしいね……。でもさ、店舗が減ったら業績下がるでしょ」

 

はたして、そうでしょうか?

現実問題、店舗型のビジネスは軒並み、経営が悪化しています。特に顕著なのは百貨店の売上で、右肩上がりのビジネスはネット販売です。

 

「そう……でも、銀行と物販は違うでしょ。顔見て、顧客を審査するでしょ」

 

多くの人は、メガバンクも近隣の信用金庫や地銀のように、金利の逆ザヤで儲けていると思いがちですが、彼らは、為替や金融取引、信託販売などに軸足を移し始めています。

 

「何が言いたいの?」

 

メガバンクは「鵜飼の鵜匠」!?

今回も、これから大家さんになりたい方や、初心者大家さんに向けてお話しさせていただきます。

メガバンクは、個人なぞ虫けら同然です。唯一、横目で見て頂けるのは、3000万円を超える新築マンションや新築住宅、そして5000万円を超える投資用不動産への融資です。

それも、明確な属性の基準があり、画一的です。

勤務先の地位と年収、そして、過大な債務がないことが条件であり、それ以外は見向きもしません。

融資案件にしても、彼らは顧客を追いかけるような無駄な動きはしません。通常、取引先の不動産会社経由の案件しか扱わないのです。

 

「う~ん、いまいちよく分からない」

 

つまり、金融機関の融資担当者は、鵜飼の鵜匠でして、首を縄で絞められた十数匹の鵜が不動産会社とお考え下さい。

鵜匠は「いいか、しっかり太った鮎を捕まえてくるんだ」と鵜を調教して河に放つ。決して、鵜匠が河に潜って鮎を捕まえるような汚れ仕事はしないのです。

不動産会社は鵜匠である融資担当者から、内諾を得られる融資対象者の属性を教えて貰い、そうした方々のみに営業を掛けるわけです。

 

「なるほど……。それで、メガバンクはサラリーマン大家さんとは縁遠いと言うわけだ」

 

そう、メガバンクの先には型に嵌めようとする不動産会社がいるので、相場と同じか多少割高の不動産しか入手できません。

特に、融資業務もAIに任せるとなると、個人への融資も型通りの融資しか応じなくなることでしょう。決して、私たちのメインバンクになることはありません。

 

「だったら、どうすんのよ」

 

前回、戸建2軒を自己資金で入手し、強固な財務基盤を作り、金融機関から好まれる属性を作り上げることが、最初のステップと申し上げました。

今回、申し上げたいのは新たなるステップです。

次のページ自己資金で購入した次のステップで、やるべきこと