前編から続く)

現役銀行員と元銀行員に、銀行の内部事情を赤裸々に語ってもらう企画。後編では、融資審査について取り上げる。銀行はどのような基準で融資審査を行っているのか? また、融資をしたい人・したくない人はいるのか?

属性や物件の良し悪しだけでなく、重視しているポイントがいくつかあることが分かってきた。

融資審査

動画で解説

・各銀行で異なる融資審査の「モデル」

・高金利を提示されたら、暗黙のお断り?

・不動産会社が作ったシミュレーションはほぼ見ない

・提出資料に書いてあると「わかってるなこの人」と思う項目は?

銀行の支店

動画で解説

・支店の噂を聞いても、飛び込みで行かない方がいい理由

・窓口担当は「何もできない」

・「金利に文句つける人はトラブルになる」

・金利交渉に応じやすい時期

融資付けの秘話

動画で解説

・融資にまつわる「あの神話」は本当?

・こんな事業計画書なら「読む気になる」

・属性や物件に問題があっても通した案件

銀行は不動産投資を「投資」ではなく、「事業」として捉えているということをあらためて考えさせられた。不動産会社に言われるがままではなく、自分自身が経営者であることを強く自覚すること。その「振舞い」こそが、融資獲得の近道になるといえそうだ。