「ユーキャン新語・流行語大賞」や「日本レコード大賞」といった、数多くのアワードが開催される12月。これらのアワードは、この1年に起きた出来事を振り返るのにうってつけ、年の瀬の風物詩と呼ぶにふさわしい催しとなっている。

そんな中、不動産関係者が高い関心を寄せるアワードが存在するのをご存知だろうか。きょう12月1日から一般投票がスタートした「クソ物件オブザイヤー2017」がそれだ。

前身から数えて今年で4回目開催となる「クソ物件オブザイヤー」は、この1年で注目された不動産プロジェクト(住宅・オフィスビル・商業施設・ホテル・高齢者施設・物流施設・開発用地・不動産会社・ITサービスなどを含む)を取り上げ、ツイッター上のユーザー投票で大賞を決める参加型のイベント。

回を重ねるごとに存在感が高まり、2017年は不動産関係者にとどまらず、多くのネットユーザーが注目するイベントへと成長。ツイッターのハッシュタグ「#クソ物件オブザイヤー2017」はトレンド入りを果たすまでになった。

おもしろ間取りから社会派ネタまで

まずはどんなイベントなのか知らない人のため、今年のエントリー物件をいくつか紹介してみよう。

<限られた専有面積を最大限活用すべく、玄関土間がバス・トイレスペースを兼ねるという斬新な間取り>

 

<UB現(あらわ)し物件。無機質で工業的なインダストリアル系のトレンドに乗じたチャレンジングな部屋。UBの収まりや仕上げを考慮しない分コスト削減効果が期待できそうだ。余談だが、ツイッター上では投稿者とグッドルーム公式アカウントがコメントで心温まる交流をしている。これもクソ物件オブザイヤーの醍醐味といえる>

 

<左上>

 

<いくらなんでも遠すぎる…でも竣工ホヤホヤ>

 

<おもしろ系ばかりではなく、ニュース番組やワイドショーを賑わした物件も数多くエントリー。非常に社会派なアワードである>

年々、注目度が高まっているこのイベントについて、主催者である「全宅ツイ」の中心人物「全宅ツイのグル」氏に話を聞いた。

「全宅ツイ」とは

「全国宅地建物取引ツイッタラー協会」の略称。ツイッター上で盛んに交流し合う宅建業者により結成された団体で、不動産に関する調査研究、政策提言情報提供活動のほか、クソ物件取引等啓発事業、インターネットを通じた不動産購入検討者向け情報の発信など、我が国の不動産取引の文化を広く啓蒙する活動を精力的に行っている。なお、全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)とは一切の資本的・人的関係のない独立した組織である。

 

——まずは自己紹介をお願いします。

30代の会社員です。自己勘定(※不動産会社が自社の資本を用いて行う不動産売買のこと)による不動産取引や、不動産開発を東京都心で行っております。不動産業に関わって十数年となります。

——全宅ツイはいつ頃どのように発足して、現在の形になったのでしょうか。

2015年5月頃に誕生しました。もともとツイッター上でフォロー関係にあった不動産業関係者のアカウントを眺めていて、「不動産業関係者や、不動産に興味があるユーザーが、不動産情報を発信をしているアカウントを簡単にフォローできたらいいのでは」と考えて、リスト化したのがきっかけです。

最初は不動産業関係者のアカウントを並べて紹介文を書いただけのシンプルなものでしたが、現在はその属性により「部」に分けられた会員一覧ができ、さらに会員一覧だけでなく、これまでの活動を記録した公式サイトも誕生しました。

——全宅ツイのグルさんは、全宅ツイにおいてどのような役割を果たしているのでしょうか。

全宅ツイの設立者は私ですが、会の大きな方針、決定事項などは「新宿太郎」さんのご指示を仰ぎながら運営しています。

——全宅ツイの組織構成について教えてください。

会員は全部で30名ぐらいかと思います。「会員」とはいっても、私が勝手に認定しているだけだったりします。会員の職業は、地主、大家さん、個人投資家、大手デベロッパー、PM、AM、仲介会社、金融機関、税理士、弁護士、マンションブロガー、ブローカーなど多岐に渡ります。

全宅ツイにはいくつかの部会が存在していて、中でも活発にツイートしているのは、有り余る資産と時間を投入できるという強みを持つ「家主と地主部」ですね。加入歴の長い古参メンバーは、会の成り立ちもあって「ブローカー部」所属者が多いと思います。

——全宅ツイの会員はリアルでも交流があるのでしょうか。

皆さんの想像以上に、かなり活発にリアルで会員間の交流がなされてます。その交流の中から、毎回エリアを決めてその街の銭湯と酒場をめぐる「銭湯部」、早めに仕事を切り上げて夕方からお酒を飲む「16時飲酒倶楽部」などが生まれています。

また、全宅ツイ会員間で実際に不動産の取引が行われており、会員に収益をもたらしています。少し真面目な話をすると、全く面識のない不動産業者同士が、ゼロから信頼関係を築くというのは何気にハードルが高いことだったりします。しかし、日頃のツイートには意外とその人の不動産に対する考え方であったり、人となりが滲み出るようで、ツイッター上での交流を経てリアルで会うと、不動産取引に至る良い関係を築くまでに、それほど時間がかからない気がします。あとは、私個人がお会いするのはブローカー部の人が一番多いでしょうか。

全てはここから始まった

——2014年にクソ物件オブザイヤーの前身となる「次世代に語り継ぎたいプロジェクト100選」が開催されました。どのようにして誕生した企画なのでしょうか。

2014年当時、若い不動産業者の方々と接していると、やはり世代の差というか、私たちにはすごく重要で示唆的だった不動産業界における出来事を、彼らは全く知らないというケースが多くありました。2007年のサブプライムローンの不良債権化からリーマンショックへと続く、不動産業界を襲った強烈な信用収縮の局面において、我々が経験した出来事を後に続く世代にも何らかの方法で伝えておくべきと考えたのが、そもそもの始まりです。

最初の頃、とりあえず私も10件ぐらい「#不動産屋さんが選ぶ次世代に語り継ぎたいプロジェクト100選」というハッシュタグをつけたツイートをしました。その後は全宅ツイメンバーを中心に続々とツイートが増え、ある段階からものすごく勢いがついて、あっという間に100件集まった記憶があります。その時のツイートを一般の方にもわかりやすい解説をつけたまとめサイトを作ってくれたのが「かずお君」で、これが後の「クソ物件オブザイヤー」の原型となっています。

今回、久しぶりにプロジェクト100選を見返したのですが、2017年の今見ても十分に読み応えがあり、集合知がもたらした不動産業界における歴史の最もコンパクトなまとめだと感じています。リアルタイムでこれらを経験した不動産業関係者はもちろん、これからの若い不動産業関係者にこそご覧いただきたいですね。

——当時の反響や手応えというものは、現在と比べていかがでしたか。

当時、プロジェクト100選についてアンケートを集計して順番をつけましたが、1位となったプロジェクトでリツイート数は74、ファボ(いいね)は26でした。そして今年のクソ物件オブザイヤーの投稿には、単独のツイートでリツイートとファボの合計数が6万を超えているものがあります。こうして比べると隔世の感がありますね。

——その後、「クソ物件オブザイヤー」としてリニューアルされた経緯はどのようなものだったのでしょうか。

他ジャンルで行われていた「オブザイヤー」のイベントをWEBで見た私が、「不動産業界に起こったその年のニュースや事件、プロジェクトを、オブザイヤー形式で総括できたら、不動産業界の出来事の記録にもなるし、何より面白いのではないか」と思ったのが始まりです。

——どのような体制で運営されているのでしょうか。

私以外に「かずお君」「あくのふどうさん」「どエンド君」が実行委員として「クソ物件オブザイヤー」のレギュレーション作成、まとめサイト運営、副賞の手配など、素晴らしい運営能力を発揮してくれています。この4名で10月頃から、全体の運営方針決定~結果発表までのスケジュールを組んでいます。

——最優秀賞へ授与されるツームストーンはどのように用意されてるのでしょうか。

ツームストーンやその他の副賞の費用は、全宅ツイ会員有志によるポケットマネーから拠出されています。クソ物件オブザイヤー2017最優秀賞に贈られるツームストーンは、申し訳ありませんが結果発表を行う全宅ツイ総会当日まで非公開とさせていただいております。

クソ物件オブザイヤー2015最優秀賞に贈られたツームストーン

 
<全宅ツイのグル氏による解説>
独立系不動産AM(アセットマネジメント)の雄、ダヴィンチは一時は運用資産が1兆円を突破するほどでした。 ファンドバブル時代、彼らは不動産業界関係者からすると驚くべき低キャップレート(収益還元率)でたくさんの不動産を取得していました。彼らいわく「賃料マーケットと、取得予定ビルのテナントが支払っている現行賃料の間にはギャップがある。我々はビル取得後に安い賃料を適正家賃まで値上げする。そうすれば一見、低いキャップレートで取得しているようでも十分に採算は合うのだ」。そういいながら彼らは上場を廃止しました。このことから、いくらでもキャップレートを下げて買ってもいいわけではない、という教訓を刻むことにしました。

 

クソ物件オブザイヤー2016最優秀賞に贈られたツームストーン

 
<全宅ツイのグル氏による解説>
新庄耕著『狭小邸宅』 (集英社文庫)という不動産を題材とした小説があり、不動産関係者の間で愛読されています。ツイッターで発信している不動産業関係者もこの小説が大好きで、折りに触れ『狭小邸宅』を引用したり、印象的なフレーズをもじったツイートをしています。 東京にお住まいの皆さんは、駅前で看板を持って「家を買いませんか?」と声をかけている不動産営業マンの姿を見たことがあると思います。業界ではサンドイッチマンと呼んでいて、この小説でも、主人公が上司から三軒茶屋の駅前でサンドイッチマンになるよう命じられるシーンがあります。2016年のクソ物件オブザイヤー最優秀賞受賞者の名前を入れて、そのセリフを引用したのがこのツームストーンとなります。

前年成績越えは不動産屋の性。主催者として感じるプレッシャー

——「クソ物件オブザイヤー」が現在のように注目される事態は最初から想定していたのでしょうか。

もともと不動産業界関係者向けの内容が多いので、一般の方からすると意味がわかりづらい投稿も多く、とっつきにくいのではと思ってました。そのため、正直ここまで注目度が上がるとは想定しておりませんでした。

——主催者としての苦労、プレッシャーや責任などは感じていますか。

2015年の時点で大変好評だったので、「これはもう続けていかなしょうがないな」と。クソ物件オブザイヤー2017の開催にあたっては、かなり議論を重ねてきました。やはり「不動産屋さんなんで前年の成績は超えないとね」と思ってしまう(笑)。ありがたいことに「クソ物件オブザイヤーを見ると年末を感じる」という声をたくさんいただいています。その分プレッシャーはかかりますね。

——メジャーになることで見えてきた課題もあると思います。

お陰様で「クソ物件オブザイヤー」は、多くの方に関心を持ってもらえるアワードになりました。ある意味メジャーになることの宿命だと思うのですが、多くの一般ユーザーの方が直感的に「これは面白い!」と感じてもらえるのが「おもしろ間取りネタ」だったりします。たしかに見た目のインパクトがあります。

一方で、そもそもの動機であった「不動産業界での重要な出来事の記録」という観点からすると、不動産関係者や従前からのファンの方がニヤリとするような、味わい深いテキストが添えられた、通好みの投稿に対してスポットが当たりづらくなっていると感じます。

この盛況は運営側が想定しきれなかった状況であり、喜ばしいことでもありますが、如何にして多様性を担保して幅広い参加者が納得できるアワードとしていくのか。これについては課題として、今年の経験を来年へ活かしたいと考えています。それと、できればもっと若い不動産業関係者にも投稿してほしいですね。

——今年から公式マスコットキャラクター「グリップ君」が活躍していますね。

今年は「クソ物件オブザイヤー」のキャラクターを作って公式アカウントで運用するアイディアがありました。ちょうどそのころ、行き過ぎた営業手法で投資用中古マンション販売する営業マンの動画がツイッターで話題となりました。その動画に写っていた、堂々たる体躯の営業マンがグリップ君のモデルです。不動産業界において時に必要となる押しの強さを想起させるゴリラと、若手営業マンが好むツーブロックの髪型をモチーフにしたキャラクターです。

クソ物件オブザイヤー2017公式マスコットキャラクターのグリップ君。語尾にウホ!をつけるという安易な親しみやすいキャラ設定

グリップ君には、「クソ物件オブザイヤー」の投稿締切が終了しても、結果発表までインプレッション数など過酷なノルマが課されています。みなさんぜひ、グリップ君をリツイートしたりリプライで絡んであげてください。

——話は変わりまして、現在の不動産市況や今後の不動産市況について、感じていることはありますか。

世界的に好調なマクロ経済はプラス要因、一方、2017年前半ですでに折り返してしまった感じがする国内の不動産価格。好調な経済がもう一段の不動産価格の高騰をもたらすのか、はたまた折り返した不動産価格はそのままだらだらと横ばい~低下していくのか。強気と弱気の入り混じった予想の難しい不動産相場。

それでも我々は不動産市場から利益を持ち帰らなければいけない。不動産って、むずかしいですね(笑)。

——ご自身のキャリアのなかで印象深い出来事はありますか?

やはり、リーマンショックが印象に残っています。当時、この世の春を謳歌していた多くの上場不動産会社がリーマンショックで倒産していきました。「ああ、不動産相場にはこれほどの天才でも勝てない状況があるんだ。不動産相場を予測したり支配したりすることはできないんだ」と、不動産業界にいた私は思い知りましたね。

またリーマンショックは社会的に大きな出来事であると同時に、たくさんの不動産関係者の、個人の人生にとっても大きな出来事でした。多くの不動産関係者、それも非常に優秀な人たちの人生が大きく変わってしまいました。おそらく今でも、あの時代を経験した不動産関係者は「もしも、リーマンショックがなかったら」と考えることがあるのではないでしょうか。私も含めて。

——では、読者の方々へ何か一言あればお願いします。

不動産業界それぞれの分野で活躍する不動産のプロたちの、ほかでは聞けない本音が垣間見れる全宅ツイ。ぜひ会員のアカウントを一度フォローしてみてください。きっと参考になることがあると思います。

最後に、みなさんの不動産投資が素晴らしいものでありますように。

全宅ツイのグル氏が選ぶ、印象に残るプロジェクト3選

ここで過去3回のアワードから、全宅ツイのグル氏が個人的に印象に残っているプロジェクトを選出してもらった。

<2014年>
全宅ツイのグル氏:2014年から一つ上げるなら「中柏ジャパン」ですね。リーマンショック当時、東証一部上場不動産会社が民事再生するか、スポンサーが現れて生き残るか、という瀬戸際でスポンサー候補について発表、しかし企業側の二転三転するIRや報道を業界関係者が息を呑んで見守っていました。そして、2017年現在も当該会社の倒産劇の真相は霧の中です。

中柏ジャパン

2009年3月、不動産市況悪化の影響により東証1部上場の不動産投資ファンド運営会社「パシフィックホールディングス」が東京地裁に会社更生法の適用を申請し、倒産した。同社のビジネスモデルは、銀行からの融資により仕入れた不動産をファンドへ転売するというもの。しかし、リーマンショック後は買い手不在の状況のまま、返済期限が迫って資金繰りに窮す状況だった。経営危機に陥った同社の救世主として一時期浮上したのが、潤沢な中国マネーをバックに持つとされる「中柏ジャパン」なる企業だった。

「パシフィックホールディングス」は「中柏ジャパン」からの資金調達をIRとしてリリース、低迷していた同社の株価は持ち直した。九死に一生を得たかに思えたが、「中柏ジャパン」が実体のないペーパーカンパニーであることが判明し、資金調達の話は立ち消えて最終的に倒産まで追い込まれた。同社の株価の動向や関係者の行動について、不自然と捉える向きもあるが、真相は明らかにされないままとなっている。

 

<2015年>
全宅ツイのグル氏:これは私の投稿ですが「ル・サンク小石川」ですね。完売して竣工した分譲マンションの建築確認が、近隣住民の反対によって取り消されるという前代未聞の事件でした。たしか総戸数が100戸程度と記憶しておりますので、ざっと1戸あたり7000万円とすると、総額70億円の分譲マンションが違反建築になって買主に引き渡せなくなったと。これって凄いことですよね。

ル・サンク小石川

文京区で建築が進められていた全107戸からなる高級マンション。竣工目前になって、東京都建築確認審査会から建築確認処分を取り消されるという異例の事態に。丘陵地に建つ同マンションが地下部分を建物高度の基準とすると、文京区の高度制限22メートルに抵触するというのがその理由。建築に際して「景観を損ねる」と周辺住民による反対運動が行われていた。

 

<2016年>
全宅ツイのグル氏:この年の1位を獲った「メルカリアッテ」ですね。例えば「夜逃げされて残置物満載の部屋をそのまま貸しに出してしまう」といった、宅建業法に縛られた我々不動産屋さんからは思いつくこともできない、ものすごくクリエイティブな不動産活用事例が多数確認されています。

メルカリアッテ

メルカリが新たに開始した地域コミュニティ型アプリ。この分野で先行するジモティーを意識したものか。直接会ってやり取りを行うのがメルカリとの大きな違いで、売買のほか、イベントや仲間募集などにも利用できる。その自由度の高さゆえ「無法地帯になっている」といったネットの声も。

 

「クソ物件オブザイヤー2017」の一般投票日は12月6日まで。はたして、今年はどのようなプロジェクトが歴史に名を刻むことになるのだろうか。注目の授賞式は12月13日、全宅ツイ会館(非実在建物)で開催される。

クソ物件オブザイヤー2017公式サイト

(栗林篤 / 楽待新聞編集部@RakumachiNews