「ユーキャン新語・流行語大賞」や「日本レコード大賞」といった、数多くのアワードが開催される12月。これらのアワードは、この1年に起きた出来事を振り返るのにうってつけ、年の瀬の風物詩と呼ぶにふさわしい催しとなっている。

そんな中、不動産関係者が高い関心を寄せるアワードが存在するのをご存知だろうか。きょう12月1日から一般投票がスタートした「クソ物件オブザイヤー2017」がそれだ。

前身から数えて今年で4回目開催となる「クソ物件オブザイヤー」は、この1年で注目された不動産プロジェクト(住宅・オフィスビル・商業施設・ホテル・高齢者施設・物流施設・開発用地・不動産会社・ITサービスなどを含む)を取り上げ、ツイッター上のユーザー投票で大賞を決める参加型のイベント。

回を重ねるごとに存在感が高まり、2017年は不動産関係者にとどまらず、多くのネットユーザーが注目するイベントへと成長。ツイッターのハッシュタグ「#クソ物件オブザイヤー2017」はトレンド入りを果たすまでになった。

おもしろ間取りから社会派ネタまで

まずはどんなイベントなのか知らない人のため、今年のエントリー物件をいくつか紹介してみよう。

<限られた専有面積を最大限活用すべく、玄関土間がバス・トイレスペースを兼ねるという斬新な間取り>

 

<UB現(あらわ)し物件。無機質で工業的なインダストリアル系のトレンドに乗じたチャレンジングな部屋。UBの収まりや仕上げを考慮しない分コスト削減効果が期待できそうだ。余談だが、ツイッター上では投稿者とグッドルーム公式アカウントがコメントで心温まる交流をしている。これもクソ物件オブザイヤーの醍醐味といえる>

 

<左上>

 

<いくらなんでも遠すぎる…でも竣工ホヤホヤ>

 

<おもしろ系ばかりではなく、ニュース番組やワイドショーを賑わした物件も数多くエントリー。非常に社会派なアワードである>

次のページ謎に包まれた主催者の実態に迫る