写真© poko42-Fotolia

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

昨年を振り返ると、私は物件売却という体験をしました。「出口」というものを体験したことにより、これで一応一通りの不動産投資経験ができたのではないか思います。もちろんまだまだ未体験なことも多くありますが、一般的な入口から出口まではわかった様な気がします。来年は新規に物件を購入していきたいと思っていますが、まだまだ諸物件の高値が続くのか不安要素も多いです。

さて、今回は「手抜き工事されやすい箇所」というテーマです。普段、建築施工に直接携わっている私は、酷い施工を直接見ることが多々あり、周囲からの情報でも様々な問題施工が報告されます。そのような中で、実際に起こりやすい問題や、予防可能な問題などを提示しながら、不安を抱える投資家の皆さんに少しでも安心して工事発注できるようにお手伝いさせていただきます。

建築工事で手抜きはなぜ起こるのか

建築工事は半年や1年、物件によってはそれ以上の長期に渡る工事になります。そして、建築費も通常の生活ではお目にかかることが無いような金額になります。さらには工事そのものの良し悪しは普通の方には判断し難いものです。こういった要因が元で、建築工事では度々手抜き工事が起こっています

長期に渡る工事では、最初から最後まで各工種を全て管理するのは不可能です。忙しい時期もあれば、広範囲で管理しなければならない時期もあるからです。

建築現場には監督員も居るのですが、10~20戸程度のマンションであれば、監督員は1名程度であり、多くても2名程度です。この人数では実際にチェックできる範囲は限られます。悪い職人がいれば監督員の目を盗んで何でもできてしまうのです。

工事費用も全体の金額が大きいだけに、ちょっとした手抜きでもわかりません。鉄筋を100mmピッチで入れるべき所を150mmピッチで入れても、できたものは見た目では全くわかりません。2mmの鉄板を使うところを1mmの鉄板を使っても、外観からではわかりません。こういった材料の量を減らし、質を下げることで工事費が安くできてしまうのです。

品質の問題もあります。例えばコンクリートは打設後に正常に硬化させるため一定の養生期間というものを取ります。床のコンクリートであれば、1週間程度は重量のあるものは乗れません。しかし、工事工程が短い場合、養生期間を十分に取ることができなくなります。

私の実際に見た現場では、打設した次の日に重量車両を走らせていました。非常に問題のある行為です。見た目ではわかりませんが、内部では大きなダメージを受けていることは間違いありません。

塗装も手を抜かれやすい工種です。塗装の場合は塗布後において見た目で判断するのは難しいのです。そして工数が多いため不正をし易いのです。本来は、下地処理→マスキング→プライマー→塗り(1回目)→塗り(2回目)となります。ここで十分な工期を取ることが困難な状況である場合や、請負金額が厳しいなどの状況下では、表面化しにくいところで工程を抜きます。また、塗料を薄めて使ってしまう事例もあるのです。

以上のように、手抜きを行う箇所は基本的に完成後に見えなくなるところです。手抜き施工を行う職人も馬鹿じゃありません。見た目でわかる手抜きは必ず指摘され、修正を求められますので、そのような二度手間になるような手抜きは行わないのです。

次のページ手抜き工事されないための対策は?