写真© takasu-Fotolia

現在、個人的に投資勉強会を始めています。フィナンシェの会という紹介制の勉強会で、東京と水戸で開催中です。みなさん、相変わらず投資意欲は旺盛です。いろんな投資も含め、不動産への注目度は高いですね。

しかし、今、不動産価格は高いままですし、融資が絞り気味です。本来は焦って買うタイミングではありませんが、いろんな話が流れてきます。最近私が決済した物件は、表面利回り8%、金利1.5%ですが、ちょっと話を聞いた人の投資案件では表面利回り10%くらいのボロ物件投資で金利4.5%。確かに目先の収入を増やすことは可能です。でも出口が描きにくい地方物件です。さて、こうした物件は買うべきかどうか。

それから、貸家住まいの方の自宅購入検討の相談話もありました。理由は「支払っている家賃がもったいない」とのこと。もし買うならマンションだそうですが、ずっと管理費と修繕積立金がかかり、木造より固定資産税は高い。

住宅ローンで金利は低いとはいえ、今後30年の間、ローン+利息+管理費+修繕積立金+固定資産税が払えて、さらに退職時期を超えても払い続けることができるでしょうか。仮に途中で売るとしても、残債なく買ってくれる人がいるでしょうか。売った後はそのお金で老後が暮らせるでしょうか。結局自己判断だと思います。私なら買いませんが。

みんな景気の良い話が好きですから、不動産なんてガンガン買ってウハウハ、みたいなことを書いたり言ったりする衝動に駆られます。でも、実態は地味なものです。

投資とは理詰めで、血湧き肉踊ることはなく、計画通りに進む本来退屈なものです。その点で、まさに投資不動産は守りの投資であって、一発逆転には向かないと思います。また、自宅は自分の労働収入でローンを返済するのでリスクが高いと思います。みんななぜ、焦って不動産を買うのでしょうか。もっと合理的に投資した方が良いじゃないですか。

そもそも私は、資産を築くにも投資の順番があると思っています。実は、不動産は最初の投資対象ではないと思っているのです。今回は、その「投資の順番」を書いてみたいと思います。

次のページ「金融投資」は先にするべからず