写真© hayoshka-Fotolia

前回前々回の記事で「猫専用賃貸に必要な装備」についてお伝えしました。おさらいをすると「猫が三次元に動ける工夫」と「猫を安心して外に出すことができる工夫」です。まだ秘策はあるのです。今回は3つ目のポイントについて解説します。

3つ目のポイント、それは猫脱出防止扉の設置です。現在、日本における猫の飼育環境は「完全に室内だけで飼養する」ことがデファクト・スタンダードとなっています。ペット共生・ペット可を標榜するのであれば、提供する側の責務として「猫が容易に脱出できない工夫」を施すべき、と考えています。私が作っている猫脱出防止扉の例をいくつかご紹介します。

Gatos Aptの玄関部分。一見、何もありませんが…

実は猫脱出防止用の引き戸が隠れています

Seilan Aptの猫脱出防止扉が付いた玄関ホール

猫脱出防止扉は文字通り、猫の脱出を阻止するために設置します。例えば、玄関先で宅急便のやり取りをしていた時、知らないうちに脇からスルッと外に出てしまった…などという「事故」を防ぎます。

私が監修した猫専用賃貸Seilan Aptの写真を見ればお分かりいただけると思いますが、何の変哲もない、完全に閉まるドア付きの玄関ホールがあれば、それで良いのです。但し、猫が開けられないよう手前側に取手の鍵が来るようにするなど、細かい配慮は必要です。

格子のガードを脱出防止用の柵として設置している物件がありますが、猫が爪を立ててガリガリされる可能性、格子が大きいとすり抜ける可能性、上までカバーできていないとジャンプして飛び越える可能性があります。こうした理由であまりお勧めしていません。

猫脱出防止扉は使われないことが多いという事実

「猫脱出防止扉、使ってますか?」と、私が監修する物件にお住まいの方々にお話を伺ったことがあります。多くの方が「実は『猫脱出防止』という意味では、使っていません」とお答えになるのです。

Gatos Aptにお住まいの入居者さんと、お部屋の玄関で立ち話をしていた時のことです。しばらく話をしていると様子を伺いに飼っている猫が玄関口までゆっくりと来て、私に一瞥をくれた後、まるで挨拶でもしているかのように「ニャー」と一鳴しました。

このように多くの飼い猫は自ら進んで脱出しないことが多いのです。猫リテラシーの高い飼い主さんで「玄関の扉を開けていても、逃げない」ことを熟知しているため、脱出防止扉を使う必要がないのです。

次のページ脱出を企てる猫の場合