写真© chuugo-Fotolia

1990年の平成バブル崩壊後、30年にもわたる不況が続き、生活保護受給者が増えています(悪徳不動産会社・金融機関に騙されて5000万円にも上る巨額損失を出した私も人のことは言えませんが)。

下手に最低賃金法にひっかからない程度の安月給(月12万円程度)でこき使われ、過酷な税金を取られるより、生活保護を貰った方がお得な場合もあるなどとも言われているとか。

そして、行政の家賃保護制度の家賃上限設定も結構高額で、折角なら家賃が高めの部屋の方がいいとか、又、本人の自己負担ではないので、他の部屋より割高でもさしてこだわらないのです。

生活保護は安定している

大家さんにしても、下手なブラック企業の安月給より、生活保護の方が安定していると思っている人も多いです。地方公共団体によっては大家さんに役所が直接家賃送金するところもあり、そうなると家賃滞納のリスクは低くなります。

生活保護受給者にしても、一般的には入居審査があり、賃貸物件に入居しにくいこともあって、いったん入居すると、家賃送金や近隣関係等、比較的きちんとしているようです。

私が購入を検討していたある物件では、通常の家賃が3万円程度なのに、生活保護の方が住む部屋だけ5万円というのがありました。家賃が高めの昔から変わらず長期間入居しているのか、自己負担がない分、家賃が割高でも気にしていないか、どちらかだと思われます。

この場合、この方に退去されて一般の方が入居となると、通常の家賃3万円程度になってしまう可能性が高いです。

この記事は会員限定記事です。続きは会員のみお読みいただけます。

会員登録(無料) ログインして続きを読む