写真© bonb-Fotolia

1年半前の私は、そもそも団地は絶対に買いたくないと思っていました。その理由は、古いし、エレベーターがないし、駅から遠い…という印象が強かったからです。地元の不動産会社から「団地を200万円台で買って4万5000円で貸している人がいるからいいですよ!」と勧められたことはありましたが、何となく私は買う気になれなかったのです。

客付けの「手伝い」を通じて

そんな時、知人に紹介された占い師のおばあさんから「以前住んでいた団地を十数年知り合いに貸していたが、退去されて、そのまま放置している」という話を聞きました。それを聞いて、居ても立っても居られず、客付けをお手伝いさせていただくことにしました。

そのおばあさんが所有する団地のスペックは以下の通りです。

・5階建ての5階(エレベーターなし)

・48平米の3DK

・リフォームはほとんどされていない

・バランス釜のお風呂に、いかにも古いトイレ

リフォーム費用は一切かけたくないというご要望でしたので、リフォームはせずに清掃だけ私が行いました。いつものようにチラシを作ってその団地内でポスティング、最寄り駅周辺の仲介業者さんにも営業回りをしました。

家賃設定は、ネットで相場を調べたところ、同じ団地内の同じ間取り、同じくエレベーターなしの5階で、リフォーム済の物件が4万円で出ていました。このライバル物件に差をつけるためには「家賃で勝負するしかない!」と思ったので『団地内最安値』とし、3万8000円で募集をかけたところ、すぐに母子家庭の方からお申し込みが入ったのです。

お申し込みの理由は「今住んでいる団地より安いから」ということでした。おばあさんには失礼ですが、あんなにも悪条件が重なっているのに、家賃さえ安ければ入る人がいるのだと実感しました。賃貸経営は、たった一人の入居者さんを見つけることができれば、万人受けする物件を作る必要はないと感じたのです。

実は私、この物件をおばあさんから買わないかというお話もいただいていました。その金額が200万円だったのですが、その頃の私は団地投資を敬遠していたこともあり、「タダでもいらないです」と断ってしまいました。でも、もし200万円で譲ってもらっていたら、管理費・修繕積立金を引いても10%以上回る計算になりました。

「あれ? もしかして、これって投資として十分成り立つかも!!」と思いました。この頃の私は、不動産価格の高騰と、不動産投資ブームでなかなか物件が買えないことが悩みでした。「安く買えるのであればアリかも!」と思ったのが、私が団地投資をやろうと思ったきっかけです。

次のページ実質利回り20%の団地の室内は?