私事で恐縮ですが、4カ月ほど前に東京都下の戸建てに引越しをしました。今年2回目の引越しです。なぜ、そんなに頻繁に引っ越すのか? 私もそのようなことになるとは思っていませんでした。ふとしたことで出合った戸建てが、まさか自分が住む家になろうとは。

そして、自宅として住み始めたこの戸建て、実は、将来的には賃貸しようと考えています。バブルの様相を呈する都心の不動産相場が落ち着いたら、都心に戻ろう。そう考えたとき、その時期がいつになるかは、なかなか読みづらいものです。しかし、今のように「テンポラリー(一時的の意)」の自宅を確保しておけば、その時期がいつ訪れようと、その時にアクションを起こせるのではないかとも思います。

きっかけは自宅の売却

毎年、住みたい街ランキングトップの座を吉祥寺と争う、都心に位置するある街。その住宅街に佇む自宅マンションを売りに出すことを決めたのは、昨年の6月のこと。家が売れたらどこに住もう? 次は、どんな暮らしになるだろう? そんなことを想像しながら月日は流れ、買い手が決まったときには媒介契約から半年が経過。そして、年明けの1月に売買契約締結の運びとなりました。

とはいえ、目標としていたキャピタルゲインもしっかりと確保。結果的には、良い取引をすることができました。

売買契約を終えた2月のこと。私は、伊豆でひとり田舎暮らしもいいなぁ…などと考えていましたが、妻が転居先として検討していた物件を一緒に見に行くことにしました。自宅マンションの引渡しと時を同じくして転勤が決まった妻。転勤先に近いエリアで物件を探していたようです。この内覧に同行したのがきっかけとなり、私たちの生活がちょっと面白い方向へと向かうことになります。

賃貸に住むつもりが…

23区から僅かに外れた東京都下、中央線・井の頭線沿線のエリアに位置する3つの物件を内覧した結果、2人の意見は一致。都心とは全く異なる、少し長閑さすら感じさせる穏やかな住環境と、都心へのアクセスの良さが気に入った私は、田舎暮らし生活の計画をもう少し先に持ち越すことにして、そこに一緒に暮らすことにしました。かくして、次の転居先は家賃15万円ほどのUR賃貸に決定したのでした。

内覧から数日後、その近隣エリアに建つ戸建ての販売価格が何となく気になった私は、賃貸のポータルサイトで検索。「井の頭公園至近、60坪の豪邸! 価格1億5000万円」や「吉祥寺駅徒歩圏、閑静な住宅街、30坪9800万円」など、ヒットした物件の多くは、「なるほどね~」としか言えないもの。

そんな中、ひときわ目を引く物件を発見します。それは、1100万円という超破格の築古戸建て。1億円超の物件が建ち並ぶこのエリアにあっては、「ゼロがひとつ足りないのでは?」と思っても不思議ではありません。

詳細を確認すると、最寄りの三鷹駅まで徒歩28分の立地、敷地面積・延べ床面積ともにおよそ50㎡の3K。もちろん、駐車スペースなどという贅沢なものもなく、いわゆる極小住宅の部類に入るかも? とはいえ、1100万円の価格は魅力的。即日内覧を申込み、現地へ急行することに。

現地では、売主の奥様が対応してくださいました。聞くと、ご主人の介護が必要になり、近隣のマンションに引っ越したとのこと。契約に向けて話がまとまりそうになったが、買主がさらに値引き交渉をしてきたため破談になってしまったそうです。これは、いい情報をゲットしました。

1階洋室はまずまずの広さ。とはいえ、図面に記載されているほどの広さ(10.25帖)はないように感じます。太陽が低い季節の日当たりはイマイチ。窓辺のベンチは活用できそうです。

1階洋室

1階洋室

次のページ築古戸建ては投資基準を満たすか