写真© BillionPhotos.com-Fotolia

公庫、一般的な呼称ではありますが、正確には『日本政策金融公庫』です。

 

「どうでもいいでしょ。呼び名なんてさ……」

 

名は体を表します。

まず、日本政策金融公庫を大和言葉風に文章に直すと、「日本の政策を金融で(実現するための)公庫」となります。

 

「なんか、つけたでしょ。だから、そんな風に見えるんだよ」

 

日本、紛れもなく国家であり、その目的は国民の発展と安寧な暮らしです。そして、その目的を達成するためには「税金」を集めなければなりません。私たちが家族の暮らしを守るために「稼ぐ」ことと同様です。

 

「身も蓋もないね」

 

金融支援により、税金をより多く徴収することこそ、日本政策金融公庫の目的です。

 

「ふ~ん、それで何が言いたいの?」

 

まず、一番肝心な点は、儲ける能力のない企業や団体、そして人物には融資しないと言う現実です。

赤字は公庫の「融資対象」にならない

 

「どうやってわかるの? 儲けるってのは、未来のことでしょ。本人だって分かる訳ないのにさ、公庫ごときに判定なんて出来ないでしょ」

 

直近2期の確定申告が1つでも赤字だったとしたら、彼らの融資対象者にはなり得ません。そもそも、金融庁からのお達しで、税金を納めていない人物や企業に融資はしてはならないのです。

 

「ウソ! 嘘でしょ」

 

本当です。

ですから、融資の際、要求される資料に納税証明書があるのです。

 

「ふ~ん、なるほどね。でもさ、本業があるなら、不動産でマイナスでも給料の所得税でプラスだから、問題ないんだよね」

 

残念!

不動産賃貸業で赤字を出している人物への不動産関連の融資は、基本的に拒絶されます。なぜなら、不動産賃貸業で稼ぐ能力は「無い」と判断され、融資をする対象者とみなされないからです。

 

「なるほど……。じゃ、節税をやりすぎて、赤字にして所得税の還付を受けちゃダメなんだね」

 

大正解!

1000円でもいいから、不動産所得から納税するよう、心がけてください。例えば……

(あ、この経費入れると、赤字になるな)

と、思われたなら、経費計上を見送るのも選択肢の一つとなります。

次のページ公庫から融資を受ける意味はあるのか