写真© lashkhidzetim-Fotolia

私が今までで一番困ったトラブルで、パッと頭に浮かんだものがあります。13年前くらいのことで、まだ大家になって時間も経っていないときでした。2つ目くらいのアパートを埼玉の児玉郡に購入して、やっと満室近くなってきたときの事件です。

「優良入居者」だったのに……

ある日の夜8時頃、私の携帯が鳴りました。

「はーい、鈴木です。○○君どうしたの?」と聞くと、「おばちゃん知ってる?  ○○号室の人、夜になるとお酒を飲んで暴れてるよ…。同じ階の部屋のチャイムをピンポーン・ピンポーンと何回も押しているし、女性の部屋のドアをたたいて嫌がらせをしているよ」との連絡が入ったのです。

「えっ、まさかあの人が…」と思ったのが最初の感想です。この方をAさんとします。Aさんが最初に当店に来店したのは今から13年以上前。私もまだ大家になりたてでしたが、この頃から一応不動産業は始めていました。田舎の小さいお店でしたので現地のアパートでの面接でした。

Aさんは50歳前後の男性で、優しそうな方でしたのでOKをし、入居していただきました。入居後半年くらいは穏やかで、アパートのゴミ箱の清掃をしてくれたり、庭にタバコの吸いガラやゴミが落ちていれば拾ってくれたりと、私からすればありがたい入居者と思っていました。

ところが入居から半年も経った頃、先ほどのような電話が入りました。このアパートに行ったときによく話をする若い男の子、B君からでした。

「あんな穏やかで、会うと挨拶もしてくれるAさんが……」

正直B君がウソを言っていると思うほど、最初は信じられませんでした。今思えばB君がその方の悪口を言っても何の得にもならないので、そんなことするわけもないのですが…。それでも一時的なことと思っていました。

そこから1週間も経った頃、また同じアパートの方から電話で「夜になると玄関の呼び鈴を鳴らされて困る」との苦情がありました。その他の方からも「玄関通路の手すりを(手すりは鉄製の柵になっています)鉄の棒のようなものでガンガンしてうるさく困る」との苦情が。それでも私がアパートにいる間は何事もなく、証拠がつかめません。

それからは苦情が何回も入ってくるようになりました。そこで、Aさんの部屋の玄関前に行ってドアチャイムを鳴らすのですが、出てきてくれません。Aさんと話ができないまま、仕方なく羽生市(自宅)に帰ってくることの繰り返しでした。

ますますひどくなる酒乱入居者

私は、連帯保証人のCさんを訪ねました。ところが保証人は「今までいっぱいAさんのことで迷惑をかけられていて、これ以上は何もできない」ということで話にならないのです。「大家さんで何とかしてくれ」の一点張りです。保証人の奥さんには「大家さんが何とかしろ」と怒鳴られました。

どうもこのAさんは酒乱だったようで、前のアパート、その前のアパートも、大家さんからの苦情で引越してきたようです。引越すときは保証人が必要なため、今回もCさんが保証人になって引越したのです。CさんはもちろんAさんが前から酒乱で失敗していることは知っていました。その頃はまだ私も賃貸保証会社は使っていませんでしたし、保証会社の知識もあまりありませんでした。

私も困ってしまい、Cさんに「Aさんの親戚は居ないのですか?」と聞きましたら「遠くにいるらしい」との返事です。そこでCさんに、Aさんからなんとか聞き出してもらい、Aさんの実家は○○県とのことがわかりました。

そんなことをしているうちに、1カ月位が経ってしまいました。ますますAさんの酒乱はひどくなるばかりです。毎日アパートの入居者から電話がかかってきて「また暴れているよ…大家さん何とかして、そうじゃないと出ていくよ」と言われてしまうようになりました。暴れているということで羽生から駆けつけると、Aさんは部屋に入ってしまい、声をかけてもチャイムを鳴らしても出てきてくれません。毎回そんなことの繰り返しです。

次のページAさんが原因で、ついに退去者が…